いちおう小学校の高学年くらいからは、普通に話せるようにはなったのですが、他の人とのコミュニケーションがずっと苦手な感じがすることは続いています。
大人になってからもです。
他の人から見ると、今の僕という人間は普通に見えると思いますが、自分の心の中では、人とのコミュニケーションに難儀を感じるようなことが多々あるのです。

この場面緘黙(ばめんかんもく)、大人になってからの治療法ってないのですかね。
はやく普通の人間になりたい?です。

まあ、でも自分以外でも、同じような子供時代を過ごしている人が多くいることを知って、なにか救われた気がしています。今は。

出典場面緘黙(ばめんかんもく)・大人になってからの治療法はあるか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界仰天ニュース・場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)学校で話せない

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)とは、家庭などでは話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のために、学校や幼稚園といったある特定の場面、状況では全く話すことができなくなる現象を言う。幼児期に発症するケースが多い。

このまとめを見る