1. まとめトップ

首長族の女の子が可愛い!

首長族(くびながぞく、Kayan people)とは、村落内の選ばれた女性が首に金色の真鍮リングを纏う民族のこと。 実際には首は伸びておらず、真鍮リングの上圧が顎を引き上げ、下圧が鎖骨の位置を押し下げていることにより首を長く見せています。 自称する民族名称はカヤン。

更新日: 2017年03月17日

1 お気に入り 126938 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

heikinさん

◆かなり小さい頃に首輪をつける

首長族の女性は 5歳ぐらいから首輪をつけ始め、少しずつ長い首輪に変えていきます。そのため、年老いた女性ほど首が長くなっています。彼女らが付けている首輪は、1本の真鍮でできたコイル状の輪。この首輪はかなり重く 5、6Kgもあるそうです。コイル状(バネ状)の輪が伸びようとする力が首と鎖骨の間にかかり、またそれプラス、首輪自体の重さにより、骨が押され肩が下に落ち込んでいきます。そして、肩が落ちることにより彼女らは首が長くなったように見えます。この輪は首だけではなく、腕や足にも巻かれています。
ラジオで私は「首長族の人は首輪を外すと、首が折れて死んでしまうらしい。」と言いましたが、「首長族の人は首輪を外しても普通の生活は出来る。また、骨自体には何のダメージもないので、しばらくすると首は普通の長さに戻る。」と書かれている研究結果を見つけました。

首長族の村 - タイ - トリカゴ:バックパッカー向け長期旅行 ...
http://www.tkago.net/tguide/thai_longneck.html

首長族とは、亜熱帯の大陸部東南アジア山間部に居住し、半農半狩猟を生業にする山地民である。とりわけ首を長く見せる風習を持つことで世界に知られる。ミャンマー連邦内ではカヤー州(旧カレンニー州)とシャン州に暮らし、タイ王国では、メーホンソーン県内三箇所と、北部(チェンマイ県とチェンラーイ県)の観光化された各民族村に暮らす。生活様式一般がカレン系諸部族と酷似していることから、首長族はしばしばカレンニー(赤カレン)一支族に見なされることがあるが、実態は未解明のままである。民族の起源はチベットと言われ、その後に中国雲南地域を経て現在のミャンマーに移住したと推測されるが、文字を持たない文化であったため、確証を得る証拠(一次資料)は残っておらず、口頭伝承とフォークソングがルーツ解明の鍵になるものと思われる。

首長族(くびながぞく、Kayan people)とは、村落内の選ばれた女性が首に金色の真鍮リングを纏う民族のこと。実際には首は伸びておらず、真鍮リングの上圧が顎を引き上げ、下圧が鎖骨の位置を押し下げていることにより首を長く見せている。男性は真鍮リングを首に着用しない。自称する民族名称はカヤン。

1 2 3 4