1. まとめトップ

地球はいま寒冷化している!?

地球は温暖化しているのか、寒冷化しているのか。地球の気候変動に着目して分析する。

更新日: 2017年03月03日

20140820さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1570 view
お気に入り追加

世界の気温変動

世界の気温変動のデータを見てみると、温暖と寒冷を繰り返していることが分かる。ずっと温暖なわけではない。

出典indeep.jp

気温はエルニーニョ現象とラニーニャ現象が繰り返されることで変化し、温暖化といわれているのはエルニーニョ現象の起きている一時的なものである。

エルニーニョ現象とは

ペルー沖から中部太平洋にかけ、海水温が平年より高くなる現象が続く状態。原因としては、赤道付近に吹く貿易風が弱くなり、深海の冷たい水が引っ張られてこないためだと考えられている。逆に、海面水温が平年より低い状態が続くことをラニーニャ現象という。

エルニーニョ現象が起きた後にラニーニャ現象が起きるという相互作用となっている。

太陽の活動が弱くなっている!?

太陽の活動が低下すれば地球の気温も下がってしまう。その太陽はいま黒点量が急激に減少していて、イギリスの研究チームによると太陽の活動は2030年代に現在の60%にまで減少するという。

すでに「ミニ氷河期」に入っている、、、?

CO2排出は温暖化と関係ない!

よく温暖化しているのはCO2排出が原因と聞くが、地球の気候変動は人為的なものではないとも言われている。実際、世界のCO2排出量が急増したところで気温が変化しているわけではない。先ほども述べたように、温暖化はエルニーニョ現象により一時的になったものである。大局的に見れば、太陽活動の低下により寒冷化に向かっている。

2000年以降はCO2の濃度が増えているにもかかわらず、気温は下がり続けている。

地球は氷河期に突入している!?

周期で見るとすでに氷期に入っている。現在の寒冷化は1700年台後半から1800年台にかけての現象と似ていて、やはり太陽の活動が関係している。

アメリカが凍る!?

近年アメリカは猛烈な寒波に襲われている。氷点下を優に超え、地域によってはマイナス40度近くになることも。ここ最近は異常ともいえる気象になっている。

2015年1月のシカゴ。大都市であるシカゴもこの様子、、、。

寒冷化の影響

寒冷化で心配されるのは、やはり食料。おもに太陽光を必要とする穀物については育ちにくくなり、10~25%減少するとも言われている。また、鉱物などのエネルギー源も不足し、このような資源の問題は、いずれ軍事的紛争の原因ともなるだろう。そのようにならないよう対策をとる必要がある。

地球寒冷化に対し、対策の必要性を考えている丸山さん。日本は、温暖化対策としてのCO2削減に国家予算をつぎ込まず、食糧対策などの寒冷化対策に転換すべきと訴える。

最後に・・・

「いまは温暖化だ」「いや寒冷化だ」といったさまざまな説が飛び交う世の中だが、気候変動や太陽活動などのデータから、いまの地球の姿を考えていかなければならない。ひとつの情報だけに惑わされず、真実を見抜く必要がある。今後のわたしたちの生活のためにも・・・。

1





20140820さん