1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

見逃せない…いま最も熱い「三角関係」を描いた漫画たち!

応援したい…でも誰を応援すればいいの?そんな迷いを生む三角関係を描いた漫画がいま熱すぎる!「青のフラッグ」,「桐生先生は恋愛がわからない。」,「ひるなかの流星」,「ピーチガール」…見逃せない名作をまとめてみました!

更新日: 2017年03月01日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
164 お気に入り 77068 view
お気に入り追加

SNSで話題沸騰!「青のフラッグ」の展開がすごいことになっている!

『ファイアパンチ』などの話題作が連載中の「少年ジャンプ+」。その中の青春ラブコメ漫画『青のフラッグ』が現在ネットで話題沸騰中。ツイッタートレンドワードでも1位に!!

週刊少年ジャンプに『クロス・マネジ』や『バディストライク』を連載していたKAITO氏のジャンプ+への初の連載作となり、繊細な心理描写とおよそジャンプ作品とは思えないまさかの展開。

とにかく…読んでくださいとしか言えないんです…!

高校3年生…将来の進路に悩む時期に、出会った3人の男女。彼らを待つ、甘く、苦しく、切ない日々。青春漫画の名手が贈る純愛物語。

ほかにもいま最も熱い三角関係を描いた漫画たち!ほんとに面白すぎるんです…

彼女が最後に選ぶのは…「桐生先生は恋愛がわからない。」が完結に向けて盛り上がっている!

桐生ふたば(32)はアニメ化もされるラブコメ漫画の作者であるが、自分自身は"恋愛感情"がわからない人間である。「そもそも女性が恋愛を好きだって、誰が決めた!?」

恋愛嫌悪で、かつ「自分はAセクシャルなのではないか、非性愛なのではないか」と悩む(※クエスチョニングというらしい)女性マンガ家が主人公の物語。

アラサーのマンガ家・桐生ふたばと、彼女にアプローチする寡黙な年下アシスタント・アサシン、年上のアニメ脚本家・軍師による関係を描いた物語。

足掻き、悩み、苦しみ抜いた上で一つの結論へと辿り着いたふたば。本作品は「マイノリティの方を救う為!」など大仰に謳う作品ではありませんが、ふたばの出す結論は、少なくとも誰しもの心に何かしら響く形になっていると思います。

次回で終わりを迎えるこの作品。作中でもあったように、作者の価値観などは主人公に現れます。作者の小野ハルカさんの価値観なんかもこの作品に現れているようにも思えて、非常に面白く、考えさせられる作品でもありました。

スタートこそ独特だけれど、やはり恋愛漫画としてはオーソドックな展開……そう思わせながらも要所要所ではやはり独特の部分が混じってくる。というこのバランスが良い感じなのではないでしょうか。

桐生先生楽しいよ!ジワジワ楽しんで読んでるよ! 正直先生はアサシンに行くのか軍師に行くのかさっぱりわからない恋愛展開だけどどっちでも美味しいし、そのままひとりでいるでも美味しい展開だと思うから最終話まで追っかけるぜ!!!!!

実写化が話題に…「ひるなかの流星」も見逃せないぞ!

すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の高校に転入することになりました。上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは…? 恋も友情も全てが未知の新生活が始まります!!

与謝野すずめ役に永野芽郁。すずめが東京の転校先で出会い恋に落ちる担任教師・獅子尾役に三浦翔平。すずめに想いを寄せるクラスメイト・馬村役に白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)。

「原作12巻を1本の映画にまとめるので、とにかくスピーディな展開です。そこにのまれたら自分の思っていることと、映像としてできあがったものが違うように見えてしまうのではないかと怖かったので、監督と何回も相談しながら演じきりました」

一気に読み終えた最終話は衝撃的でした。この作品は読者も獅子尾派と馬村派で大きく分かれるんだろうけど、このどこか釈然としなくて、けれどよく考えたらそりゃそうなるよなと納得できる終わりが少女漫画にあるとは思わなかったから。

「イラスト、内容共にサイト内で一番好きな漫画です。最初に読んだときは他の方のレビューのように先生とくっついてほしくてもどかしさを感じていました。でも結末を知った後に再度読むとまた違う角度から個々の気持ちが見えてくる気がします」

どれだけ好きでも、タイミングや距離や時間の流れで人の心は変わっていくことを知っていて体感しているから、誰よりもすずめの心変わりを理解できた。“わかりきってなお、1ミリの可能性にもかけたかった”というのも分かりすぎるほど。

今日は『ひるなかの流星』12巻一気読みしてしまった。 最終巻だけ家に持ち帰ってじっくり余韻に浸ります幸せ

三角関係の名作といえばこれ!「ピーチガール」も映画前に原作を読むべし!

本当の自分とのギャップに悩むヒロインが、自分の気持ちに素直になり、前向きに一歩踏み出していくパワフルなストーリーです。女同士の激しいバトルあり、三角関係の末、最後までヒロインの恋と友情の行方が気になる作品となっています。

高校生である主人公達の恋愛模様が、魅力的なキャラクターたちによって時にはスリリングに時には熱く展開され、多数の読者から支持を受けています。単行本は18巻発売され、発行部数は累計1200万部に達しています。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。
アニメ,漫画,声優…時々芸能や料理をまとめてます!!

このまとめに参加する