1. まとめトップ

意外にお買い得?ドラえもんの秘密道具の価格と秘密の情報まとめ

ドラえもんの秘密道具は役に立つもの、変なものなど色々ありますが今値段がわかっているものを調べました。意外とお買い得価格だと思います。

更新日: 2017年03月01日

hip472さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 11636 view
お気に入り追加

ドラえもん:特価200,000円

なんと!あのドラえもんが20万円です。
秘密道具も付いてくるならどう考えてもお買い得!

不思議な四次元ポケットから素敵な道具を出して、のびた君を助けるドラえもん。
自立した思考を持ち、人間との意思疎通もまったく問題ありません。
このドラえもん、本体価格が特化で20万円なのをご存知でしょうか?

ドラえもんは、昔は原子力で動いていたが、大人の都合でその事実がもみ消された。

タケコプター:15,000円

このくらいなら自転車みたいな感じですね。

「タケコプター」の飛行原理は、かねてから「UFO」などにも使われている「反重力装置」または「重力安定装置」などと呼ばれる「重力コントローラー」で空を飛ぶ事が出来るのだ。

「重力安定装置」を「頭」に取り付ける事により、脳から送られてくる情報を「タケコプター」に内蔵された「超小型コンピュータ」が即座に解析し、それによって得られた情報を「重力安定装置」の「コア」となる「操舵装置」へと伝える事によって、自由に空を飛行する事が出来るのだ。

もしもボックス:620,000円

『もしもボックス』は実在する。
ドラえもんのひみつ道具とは異なる仕組みではあるものの、実際に『もしも~だったら』を実現してしまう仕組みが世の中には存在する。

『リアルもしもボックス』は、正式名称を『LARP(ライブ・アクション・ロールプレイング)』という。
閉鎖空間で数時間、自分が決めたとおりのキャラクターとして好きに振る舞い、次々と起こる事件に挑んでいく。『もし~だったら』を実現し、その通りに振る舞い、扱われる……それがリアルもしもボックス、LARPの仕組みだ。

『もし~だったら』が実現するのはボックス内部に限られる。『もしもボックス』は電話をかけることで世界を書き換えるが、こちらはボックス内部で『もし~だったら』が実現する。ボックスの外に出ること、イコール『もしも』を解除することだ。
みっつめ。『もし~だったら』が適用されるのは基本的に『自分自身』だ。『私が野比のび太だったら』は通用するが『もし恋人がゴルゴ13だったら』は適用されない。

LARPは『現実を書き換える』のではなく、『現実の認識を書き換える』仕組みなのだ。

どこでもドア:640,000円

どこでもドアというのは、早い話が物質転移装置です。
入口側のドアを通過する物体を原子レベルでスキャンして、その読み取った通りの原子、分子の状態を出口側のドアで再現しているわけです。
言わば、物体のコピー&ペーストですね。

完璧な精度でコピーされるので、入った物体と出た物体は全く同じものです。たとえ生き物であっても全く同じ状態で別の場所に送ることができます。
脳内の神経細胞も完コピなので、記憶も感情も性格も意識も何もかもそのままの状態です。もちろんつい今、「どこでもドアに入った」という短期記憶も持っている状態です。

タイムマシン:1,200,000円

全長2.2メートル、全高1.28メートル、全幅1.6メートル、重量538キログラム、メビウス・ロータリーエンジンを搭載

時間移動は時空間を通って行い、移動後は現実空間の虚空にタイムホールと呼ばれる穴が空き、これが時空間と現実空間の出入口となる。タイムホールや机の引き出しからは時空間の風景が見える

ドラミちゃん:1,000,000円

R-02FR021-G=ドラミちゃん:1,000,000円. ドラミちゃん 値段. 出典: blogimage2.crooz.jp. ドラえもんの妹の値段はなんとドラえもんの五倍。兄の威厳かたなしですがドラミちゃんは実際、大変に有能なロボットなので納得の値段です。

ミニチュア製造カメラ:56,000円

概要未来世界のカメラで、被写体から実物そっくりのミニチュアを作ることができる。ただし、ミニチュアにできるのは建造物や車輌など無機物に限られ、生物はミニチュア化されない。

1 2





hip472さん

面白いことや役に立つことなどをまとめています。