1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

1つの時代が終わった・・・R25の休刊に悲しみの声が広がってる

リクルートの発行しているフリーマガジン「R25」。2015年に雑誌版を休刊しWebに移行していましたが2017年4月にサービスが終了する事になりました。ネットでは懐かしいや悲しいなどの声が出ています。

更新日: 2017年03月02日

datoyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 95808 view
お気に入り追加

■フリーマガジンとして創刊したR25

「R25」は、リクルートが発行を手掛ける"18禁ならぬ25禁の雑誌"をコンセプトにしたフリーマガジンとして2004年に創刊。

30歳前後のビジネスマン向けに仕事、結婚、マネーなどの話題やニュースなどを提供。

定期刊行のフリーマガジンを、首都圏の主要鉄道駅、コンビニエンスストア、大型書店のスタンドで無料配布するという大々的な手法をとり、若手ビジネスパーソンからの支持を得た。

●R25は2015年に雑誌版が休刊してWebとして持続していた

メディア・シェイカーズは7月3日、リクルートホールディングスが発行しているフリーマガジン「R25」を休刊し、Web版の「Web R25」に統合すると発表しました。

2015年の話題

ただし、特別号などのフリーマガジン発行は継続していく。「R25」は04年7月1日に創刊し、東京、千葉、埼玉、神奈川のターミナルや飲食店、書店など2000か所近くで無料配布している。

リクルートホールディングス 男性向け無料情報誌「R25」を9月24日号の発行をもって休刊する。

2015年の話題

■そのWeb版も終了する事になった

リクルートホールディングスとメディア・シェイカーズは1日、運営するWebメディア「R25」とその関連サービスを終了すると発表した。3月31日にサイトの更新を終了し、4月28日にサービスを終了する。

以前から配信していたウェブ版に集中し、公開されている媒体資料によれば、月間約1600万ページビューを記録していた(2016年時点)。

R25(ブラウザ版、アプリ版、ニューススタンド版)の終了に加え、R25関連成果型広告や、インフォグラフィックニュースサイト「ZUNNY」のサービス提供も終了する。

■ブームを作り出しただけにR25の休刊は悲しい

2004年7月1日にリクルートが創刊し、フリーペーパーブームを巻き起こした「R25」(アールにじゅうご)。

え、R25終了するのか…。学生時代によく読んだなぁ…。

え、R25終わっちゃうの…?ここ最近手に取ってなかったけど寂しいな。 小さいときよく父さんが持って帰ってたのこっそり読んでた思いで

■当時は取り合いになるほどの人気で懐かしすぎる

R25は、昔よく読んでたな。 品切れなる前にいかにゲットするか考えてたかしら。

R25で世に出たり、鍛えられたり、そもそもR25きっかけでライターになった人もたくさんいて僕もその一人なので悲しいです。あと、請負側は何がいつ終わるか分からない、いま抱えてる全案件が明日終わるかもという覚悟と準備をしておくべきだなあと改めて。

R25か、懐かしいな。 駅のラックからすぐに無くなったあの頃。 電車の中でよく読んでた

R25創刊された時はフリーペーパーでそこそこの内容で有名人も載っていて画期的だったよね。当時新橋駅を利用していた私は駅で見かければ必ず貰って→会社で読んでた。同僚と回し読みもしてたよ。でもわりといつもすぐに無くなっていたくらい人気だったな…(o_o)

■スマホが少なかった時代の定番だった

R25、終了かあ 就活〜社会人なりたての頃、駅に置いてるフリーペーパーで帰り道によく読んだよ(´ω`*) 時事ネタを浅く広く紹介してて、話題作りに良かった、そんな思い出。

R25の発行終わったのか 創刊時がたしか社会人一年目で地下鉄のホームにおいてあった時は結構読んでたな 今みたいにスマホとかなかったし

1 2







  • 話題の動画をまとめよう