1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

オザケンだけじゃない…活動再開が注目されているミュージシャン

小沢健二が活動を再開したことで話題ですが、最近いろんなミュージシャンたちがそれぞれの想いを胸に活動を再開するようです。

更新日: 2017年03月02日

12 お気に入り 75568 view
お気に入り追加

・オザケンこと小沢健二が20年半ぶりTOP10に

先月24日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、シンガー・ソングライターの小沢健二が20年ぶりに出演した。

番組では、同22日に発売した19年ぶりのシングル「流動体について」と代表曲「ぼくらが旅に出る理由」を披露

「流動体について」(2月22日発売)が初週3.8万枚を売り上げ、3/6付オリコン週間シングルランキングで2位に初登場。

シングルTOP10入りは、1996年10/14付で「大人になれば」が7位を記録して以来、20年5ヶ月ぶりとなった。

・オザケンが旅に出た理由

4月に「Love music」、夏には「フジロック」の出演も。

近藤が「なぜ1998年に拠点をニューヨークに移したのか」に迫ると、小沢は「今のビデオ(VTR)見てても、無理ですね、あれを続けるの」と苦笑。

スッキリで。

「僕はインプットが好きな人間なので。大学でもインプットが好きで勉強していて。それがたまたまアウトプットしたらわっとウケて、今考えたらとてもありがたいことなんですけど……アウトプットが続かない」

「あと、今年『フジロック(フェスティバル)』に出演します! 『(今夜は)ブギーバック』もやります」とサプライズ発表が飛び出し、スタジオを沸かせた。

・活動再開後初の全国47都道府県ツアーが始まった大黒摩季

歌手の大黒摩季(47)が25日、埼玉・羽生市産業文化ホールで全国47都道府県ツアーをスタートさせた。

子宮疾患の治療のため休養していた大黒は昨年8月、約6年ぶりに活動を再開。

活動再開にあたって、全国に挨拶に出向きたいという思いから実現されたもので、第1弾として6月25日新潟県南魚沼市民会館まで21本が開催される。

「きょう、念願でもありました『47都道府県ツアー』をスタート!ということで、幾度かLIVEで大黒摩季として歌うことをあきらめかけた日々を思うと、感無量です」

大黒、本人です25周年Anniversary 47都道府県ツアー初日、羽生市産業文化ホール、無事完走来てくださった皆様、全国から来てくれたエムドラの皆、本当に有難うございました❣️最高にRock&Peace&HyperなLi… twitter.com/i/web/status/8…

つづき初めてのお客様も多かったけれど、中高年沸騰✨私もメンバーもめちゃくちゃ楽しくハジけました❣️やっぱりイイ音と愛が私に魔法をかけてくれるのです早くもらぶらぶメンバー❤️に大拍手さぁ、いよいよ47都道府県ロードStart… twitter.com/i/web/status/8…

・ケミストリーが活動を再開するのは5年ぶり

ライブに新曲、目が離せない…。

CHEMISTRYの活動再開ライブ「CHEMISTRY LIVE 2017 -TWO-」の初日公演が、昨日2月28日に東京・東京国際フォーラム ホールAにて開催された。

21日に公式のYouTubeチャンネルで、5年半ぶりにレコ—デングされた新曲「ユメノツヅキ」を公開した。

2001年3月に発表されたデビューシングル「PIECES OF A DREAM」と対をなす未来が描かれた曲であり、プロデュースと作詞を手掛けたのは、CHEMISTRYの“生みの親”である松尾潔。

CHEMISTRY『TWO』感動のフィナーレ。再始動を祝して、本日EXILE THE SECONDのアルバムをリリースしたばかりのネスミスくんが駆けつけてくれました‼︎ この空気感最高。たまらんな〜。 #ASAYANtwitter.com/i/web/status/8…

・高校受験のため休止していたミュージシャンも再開する

miyuの高校受験のため12月より一時活動休止中だった。

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する