1. まとめトップ

【一目惚れ♡】気になる店員さんへの片思いを簡単に実らせる方法【まとめ】

行きつけのお店のスタッフさんと、自然に両想いになることはやはり難しいですよね。自から動いてアプローチするしか彼氏彼女になる方法はありません。どう行動すべきかわからない女子は、そのアタック術をチェック!

更新日: 2017年03月02日

umakabukoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 15629 view
お気に入り追加

1. 『単純接触の原理』を利用する。

『単純接触の原理』とは、接触回数を増やすことで親密度を上げる方法です。

顔を合わせる回数が増えるほど、心の距離が近付くという人間の心理を利用したもので、たとえば、週に1回バーへ行って3杯お酒を飲むのなら、1杯ずつでも週に3回訪れたほうが仲良くなりやすいのです。カジュアル・バーであれば、1~2杯の立ち寄りも可能でしょうから、できるだけ多く顔を合わせるようにしましょう。

わざわざ飲みに行かなくても、お店の前を通るときウィンドウ越しに手を振るだけでも効果がありますよ。

2.お店に行く時間を固定する

誰だって不規則なモノは覚えることは難しいですが、規則性があるものは記憶に残りやすいものです。

 ・仕事終わりや放課後に寄る
 ・お昼休みに行く

 お店へ足を運ぶ時間帯をパターン化させて、自分なりのルールを作り、彼にあなたの存在を認識してもらいましょう

3.思わず追いかけたくなる雰囲気をつくること

ほぼ毎日、お店に通っているのであれば、一日だけ、顔を出さない日をつくってみる。

ふたりで会話する機会が増えていっても、たまに、うやむやに流して答えるなどしてみる。

まだお互いに相手のことをよく知らない関係から、その次へと進みたいと思ったとき。必要なのは、「(この人のことを)もっと知りたい」と相手に思わせることです。

4. ヒマな時間を狙って声を掛ける

店員さんの仕事は、集中して忙しくなる時間帯があります。そのため、その時間に声をかけられるとイライラしてしまいますし『厄介な客だな~』と認識される恐れも!

逆に、ヒマなときは『何をして時間をつぶそう…。』と考えることも。できればその時間を狙って声をかけてください!

5.だんだんと会話を増やしていく

自分の存在が店員さんに印象づけられたなと思ったら、次は一言、会話を交わすようにしましょう。

たとえば、注文したものが来たとき、買い物を終えたときなどのタイミングで必ず「ありがとうございます」とお礼を言います。このとき、笑顔を忘れずに。

お礼や挨拶に慣れてきたら、「今日は暑いですね」や、「雨が降りそうですね」などの言葉をかけてみましょう。

一言の会話に慣れてきたら、長めの会話にしていきます。徐々に言葉数を増やしていくことがポイントです。

恋人の有無を聞きたい場合には、「休日はどのように過ごしているんですか?」など、直接的に聞かないのがコツ。

相手の連絡先を聞く場合にも、いきなり聞くのではなく、会話の中の自然な流れで聞きましょう。

6.呼び名「店員さん⇒◯◯さん」

何度も通って行きある程度存在が認知され始めたらこちらも距離を縮めていきましょう。

- A. すみません!店員さん!
- B. すみません!◯◯さん!

Bの声の掛け方の方が、距離が縮まりますよね。初対面で名前で呼ぶのは少しリスクがありますが、何度も通っていると相手も自分のことを認知してくれているので距離を縮めやすい。しかも、名前を呼ばれて嫌な人はいません。「店員さん」と声をかけられる事が多い中、「◯◯さん」と名前で呼ばれるともっと相手に認知されていきます。注文するだけの時間だったのが、軽い会話も出来るようになっていければいい感じの雰囲気になります!

7.SNSでつながる

名前が分かっているのでSNSでつながるのも簡単です。さりげない日常会話の中でフェイスブックやってますか?とか友達申請してもいいですか?とかガンガン攻めていきましょう。

よく知らない人にアプローチされるのは確かに怖いですが、名前は知れていますし、男性は女性にアプローチされるのは嫌いじゃありません。むしろそういう環境を夢見てすらいるのです。一気に攻め落とすこともできるかもしれません。

フェイスブックなどでつながればSNS上でメッセージの交換が出来るようになります。そこまで行けば後は、店員さんであるということを特別意識しなくても落としていけるようになるでしょう。

8.閉店間際を狙っていき、この後なにかあるんですか?と誘う

閉店間際にお店に行き、この後何かあるんですか?と誘うことはすごく効果的です。SNSで誘うと断られる可能性もまだありますが、直接ならば断わりにくいでしょう。しかもSNSや会話でしっかり距離をつめた後です。きっと来てくれることでしょう。

一度そうやってお茶なりご飯なりに直接さそえれば、またいきましょうよ。と誘うのはすごく簡単になります。ここまでくればもうほぼゴールしたといっても過言ではないでしょう。またこの方法は、閉店間際というのも効果的なのです。

閉店間際であれば、またせてしまうのが悪いからという断り文句も使えないですし、もうすぐ終わりとテンションも上がっているので、気持ち的に解放され気味になり、ついてきやすくなります。

9.時には友だちを連れていく

仲のよい友人には、ちょっと一肌脱いでもらいましょう。
まだ彼の名前を知らないなら、紹介しようとして「あっ、そういえば」という具合にさりげなく名前を聞き出すことができますし、ついでにこちらの名前を覚えてもらうこともできます。

学生同士や社会人同士など、状況が似ていることがわかっているのなら、友人に「今度合コンでもしませんか?」と持ちかけてもらうのも手。
実現する、しないに関わらず、連絡先を交換できたり、SNSを教えてもらえたりと、何かと情報をゲットできるチャンスになります。

10.お店以外の場所で会ったときに話しかけてみる

気になる店員さんの勤務が終わる時間帯や休日など、どこかでバッタリ出会ったときは大きなチャンス!

相手が一人だった場合は、思い切って話しかけてみましょう。「実は一度、ゆっくり話してみたかったんです」などと、お茶に誘ってみるのもいいかもしれません。

勤務時間外に出会えば、店員と客の関係からグッと距離が近づくはずです

1 2





umakabukoさん

このまとめに参加する