予告編から大興奮。春映画の「衝撃作」が楽しみすぎる

全編“主観ショット”の臨場感…。ヤバいです。

更新日: 2017年03月05日

188 お気に入り 76729 view
お気に入り追加

全編が主観ショットで臨場感ヤバい

4月1日より東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

まじでこんな凄い予告観た事ねええ 早く観たすぎる 映画『ハードコア・ヘンリー』日本版予告編 youtu.be/opmhlP2JKQU @YouTubeさんから

そう言われれば、今日この映画の予告が流れたんだけど、全身の毛が浮き立ちました。絶対面白いよ。うん。絶対。 完全FPSのアクション映画『ハードコア』予告編 youtube.com/watch?v=p97Qoa…

【本作は・・・】
全編が主人公の主観ショットで構成されたアクション映画

サイボーグと化して超人的な身体能力を持つ男が、謎の組織と戦う姿を描く

全編が“俺”目線で展開するアクション「ハードコア」場面写真7枚到着 natalie.mu/eiga/news/2221… pic.twitter.com/k33fkjuMiQ

なかでも魅力が全編に渡る“俺”目線

予告編では、主人公の顔は一切映らず、まるで自分が映画のなかに飛び込んだかのような映像が展開

「シンクロ率100%」の表示がさらに没入感を高め、最後はヘンリーのOKポーズで締めくくるユーモアたっぷりの仕上がりに

キャストも名優が脇をかため、新しい映像体験へ期待大!

シン・ゴジラを超える絶望感…

マジでキングコングのIMAX予告はヤバすぎる。これ級の映像がバンバン流れるので楽しすぎて頭が破裂してしまう。 pic.twitter.com/Fr1dWU5qRf

キングコングみたい 3月25日からだったっけな あれ絶対に私好き。間違いない、予告の時点で心撃ち抜かれた。あの絶望感大好き!!何人生存するか想像するだけで楽しい

【本作は・・・】
ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の製作陣が再結集し、キングコングの起源を描く超大作

「正統派な怪獣映画の予感。作品を通して貫かれる監督の美学にシンパシーを感じます」

「とにかく最初から最後まで、キングコングがずっと怪獣と闘い続ける映画なんですよ。ラブロマンスとかで、ちょっと緩くなったりすることはなくて、延々と戦い続けます(笑)。次から次に怪獣が出てきて、ずっとクライマックスなんです」

映画評論家の町山智浩氏もこの評価!これは期待の1本です

オデッセイに続く2017年の名作に!?

パッセンジャーの予告見るたび泣いてるから本編見たらどうなってしまうのだろうか

パッセンジャー予告だけで心臓鷲掴みにされてるから観たら私は死ぬんだろうな

【本作は…】
宇宙船内で極限状態に置かれた男女の運命を映し出すSFロマン

目的地到着まで120年の宇宙航路の途中、90年も早く冬眠ポッドから目覚めてしまった男女…

まるでタイタニック号!?未来の客船にも格差ありSFロマンス『パッセンジャー』 #ジェニファー・ローレンス #クリス・プラット cinematoday.jp/page/N0089805 pic.twitter.com/c6AxNCeoIO

アカデミー賞美術賞にもノミネートされた圧巻の世界観

最近続く「ゼロ・グラビティ」「インターステラー」「オデッセイ」などのシリアスなSF系映画

そこに新たな1作として大きな期待が

宇宙×孤独×サバイバル×密室といったこれまでの宇宙サバイバル作品に、ラブ要素が加味されたところが見どころの1つ

2人はたった1人の愛する者と眠り続けている4998人の乗客の命、どちらを救うべきかという選択を迫られる…

評論家が押しなべて絶賛の嵐

1 2

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。