しかし、今になって再び自殺者が増加した理由は定かではないという。模倣犯による犯行も考えられるが、いずれにしろ「犯人は心理学に精通しており、思春期の少年少女を巧み操っている。

少女には自分が“太っている”と信じ込ませ、少年には自分が“負け犬”だと信じ込ませる。そこで、この世界とは違う世界があると教え、彼らは別世界に行くことができる選ばれた人間だと納得させる」と、ロシア紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」が報じている。

出典(2ページ目)ロシアの自殺グループが作った遊び「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡! 残酷なルールも判明

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【過酷なルール】自殺へ導くゲームBlue Whaleで130人以上死亡【おそロシア】

シロナガスクジラ(Blue Whale)が自ら陸に乗り上げ“自殺”することから名付けられた自殺ゲーム(青い鯨)を使用して、ロシアで少女らを自殺に導いたとして「自殺グループ」運営の男(フィリップ・ブデイキン)が逮捕されました。この若者を洗脳して自殺に導く手法をまとめました。インドでの事件も

このまとめを見る