1. まとめトップ

アイルランド、カトリック教会が運営していた児童施設の跡地から、大量の子供の遺体が見つかった。

西部ゴールウェイの施設跡地に大勢の子供たちの遺体が埋められていると、2014年には指摘されていました。そのときは指摘した人々はただ反発を買い、罵倒の言葉を浴びせられたのですが、2017年にようやく、政府が事実と確認しました。埋められていたのは誰かの子であり誰かのきょうだいである子供たちです。

更新日: 2017年03月08日

nofrillsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 15401 view
お気に入り追加

Intl media tlking abt "orphanage" and #tuambabies - like they can't quite fathom the reality - a punishment camp for pregnant women.

Attitudes in Ireland to Unmarried Mothers and their Children (1900s-1970s) #storify storify.com/Limerick1914/i… pic.twitter.com/dEy2Wq7iFK

リムリックの歴史家、リーアム・ホーガンさん。彼も調査に協力してたみたい。リンク先のStorifyは、彼による「まとめ」です。歴史研究者の手堅い仕事を見たい方はぜひ。

▼最初に声をあげた歴史家、Catherine Corless さん。

Catherine Corless paid €3k for #tuambabies' death certs. She should be on a stamp #twip irishtimes.com/news/social-af… @Blackhall99 @IzzyKamikaze

疑惑を暴いた歴史家は、自腹で3万ユーロ(350万円くらい?)を出して、埋められていた(遺棄されていた)子供たちの死亡証明書を取った。

Equally, while no one wants to be proved right about the #tuambabies, let the persistence of Catherine Corless &… twitter.com/i/web/status/8…

Just spoke to Catherine Corless on the phone. She said: "I'm not shocked. I'm relieved and saddened. This is only the start." #tuambabies

そのキャサリン・コーレスさんは、電話でジャーナリストに「ショックではないですね。安心したと同時に、悲しい気持ちです。これはほんの始まりにすぎません」と語った。

When history records the people who made official Ireland face up to its past Catherine Corless will be prominent among them. #tuambabies

I took this picture of Catherine Corless the Kitchen Table Historian after her first broadcast interview on the… twitter.com/i/web/status/8…

The story went viral on a global scale and Catherine faced vitriolic push back from self styled representatives of Catholic Ireland. 2/

She also faced down the denials and obfuscation of the state and the Bon Secours nuns as well as media attacks. 3/

But Catherine ignored all of it and stuck to what the records showed and the facts supported. Never stepping back an inch. 4/

She did this because in her own words "it is the truth." A truth too many wanted to remain, literally, buried. 5/

It's hard to process the hideous scale of today's revelation. But we should all acknowledge the courage of the per… twitter.com/i/web/status/8…

It's also important to record that #tuambabies evidence was first brought to national attention by Alison O'Reilly #SupportJournalism

I was also the subject of numerous official complaints from the same people for "exaggerating" #tuambabies. We only ever reported facts.

Don't forget the Bon Secours order have known for a very long time that there was a grave there, though later denie… twitter.com/i/web/status/8…

The Tuam story would not have emerged if it were not for the work of local historian Catherine Corless bit.ly/2lE0wmb #tuambabies

Izzy Kamikaze, @izzykamikaze is now trending in Ireland trendsmap.com/r/IE_jnbfho pic.twitter.com/anSRmMoHgh

Izzyさんが注目されすぎて、名前がTrendsに入ってる(笑)。

If somebody in Tuam can go to the playground & lay a flower for me, I'd be grateful. Just one is fine. #TuamBabies

「テュアムにいらっしゃる方、私からのお花を一輪、現場に捧げていただけるとうれしいです。一輪だけでよいので」

Well done to all involved in uncovering Tuam babies story. Catherine Corless, all of the Tuam Babies Family group and reporters who helped

THANK YOU to all who supported Mam all this time. She never wavered from her position of #Truth but kind words always bolster #TuamBabies

アイルランド版のデイリー・メイル。最初からこの件の追究をしてたメディアのようです。(アイルランドのタブロイドは、英国とはちょっと違って、国家とエスタブリッシュメントがあまり表ざたにしたくないことをたくさん書く媒体で、日本の週刊誌にちょっと似てるのかも。教会批判のほか、ドラッグ密売関連とか、パラミリタリー関連とか、かなりハードな記事をアイルランドのタブロイドのサイトで読んだことあります)

▼ところで#TuamBabiesのハッシュタグはいつ作られたのか(いつから話題になっていたのか)

この件、正確には「今見つかった」のではなく「ずっと前に見つかっていたものが、今、政府によって確認された」のです。 twitter.com/search?f=image… ハッシュタグ画像検索を一番下までさかのぼるとTuam babiesのハッシュタグがいつできたのか、大まかに確認できます

こうして、ハッシュタグの最初までさかのぼって、そこから見返すと、この「テュアムの施設での子供の死体遺棄」について指摘していた人たちが、どのような困難を強いられたかがよくわかります。

Tuam babiesのハッシュタグができたのは、遅くとも2014年5月です。twitter.com/search?f=image… ハッシュタグを画像検索して一番下まで行ったところ。 pic.twitter.com/bnupqf2BKH

やりきれないのは、最初に大々的に指摘がなされたのが2014年ということ。最初の指摘のあとに、指摘した人たちにはいわれない中傷が浴びせられ、報道したメディアに対しては「うそつき」という罵倒が寄せられたのですが、2014年って、2009年のライアン報告書(カトリック教会における児童の性虐待についての政府報告書)から5年も経過してるじゃないですか。ライアン報告書のときに「これでアイルランドは変わる」って、アイルランドの教会(を信じている人)の保守性にうんざりする思いをさせられた私でさえ、心から思いましたよ。幻想だったんすな、あれは。

以下、ハッシュタグ発端部分を詳しく見ます。

#tuambabies @rtenews campaign underway for memorial to 800 Tuam babies buried in mass grave. Featuring on 6-1 News pic.twitter.com/xYdjt4MgSH

2014年5月30日。RTE(アイルランドの「NHK」的な放送局)ニュースで、テュアムでまとめて埋められた乳幼児800人のためメモリアルを作ろうというキャンペーンが進行中だと伝えられた、というジャーナリストのこのツイートが最初。

#tuambabies 'only the tip of the iceberg' via Irish Mail on Sunday. #800deadbabies #800babies pic.twitter.com/KbJbOwT8I8

アイリッシュ・メイルの記事。「これらの子供たちを忘れることはできない」、「チュアムの集団埋葬地は、氷山の一角に過ぎない」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





作った「まとめ」の一覧は:
http://matome.naver.jp/odai/2133787881446274501

※基本的に、ログを取ってるのであって、「まとめている」のではありません。