1. まとめトップ
3 お気に入り 140515 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tksucksさん

2017年3月3日(金)に発売したNintendo Switch

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(2017年3月3日発売)

ブレス オブ ザ ワイルドは英語にすると「breath of the wild」。

breathとは息や呼吸。wildとは野生。
日本語にすると「野生の息吹」という訳し方が自然になる。

本作の「ブレス オブ ザ ワイルド」ではハードの進化を全面に活かして、シリーズで初めてのオープンワールドを導入している。

オープンワールドとは作中が一つの広大な世界になっていて、プレイヤーがその中をストーリーとは関係なく自由に歩き回れるもの。

オープンワールドとしてこれまでよりも格段にフィールドが広がっている。
2006年に発売された「トワイライトプリンセス」と比べると約12倍のマップになっており、濃厚なストーリーを楽しむことができる。

また「試練の祠」というミニダンジョンがなんと100ヶ所以上も存在し、これらを攻略するとリンクの能力をアップさせることができる。
いわゆるサブクエストにあたり、こちらはアクションよりも謎解き要素が強くなっている。

これまでのようにクリアするダンジョンのルートが決まっているのではなく、プレイヤーが好きなようにフィールドを駆け回ってストーリーを進めていくことができる。

プロデューサーの青沼英二によると、なんと開始早々ラスボスに挑むことすらできるとのこと。

これまでの感覚からすれば一旦入手した武器はずっと使い続けられるが、本作では武器は消耗品としてたくさん使うと壊れてしまう。

剣や盾、弓には全て耐久値が設定されており、敵と戦っているうちに武器が壊れて攻撃手段がなくなってしまうこともある。

スプラトゥーン2(2017年夏発売予定)

ニンテンドースイッチ発表会で続編が正式決定。
スプラトゥーン2の発売日は「2017年夏」になるとのこと。

ニンテンドースイッチ本体の発売日は3月3日なので、ニンテンドースイッチの発売から3~5ヶ月ほど経過した時点となる。
ロンチソフトが弱い印象があるので、スプラトゥーン2まで待機という人が増えそうだ。

出典i1.wp.com

スプラトゥーン2の舞台は「ハイカラスクエア」。
前作の舞台だった「ハイカラシティ」とは2駅ほど離れたところにある、今一番イカしたスポットらしい。

また前作から2年の月日が流れており、ハイカラシティでは様々な店が立ち並び、イカたちの流行も変わっている…
という設定によって新しいギアやブキ、髪型などが追加されている。

ナワバリバトルの映像を見た限りだと、システムや操作性、UIまで初代とかなり近いものになっている。
新機能をたくさん盛り込んだり、グラフィックを一新したりといった方向ではなく、武器やステージを刷新してゲーム性を調整して、新しい戦略で楽しむことが狙いのように感じられた。

1-2-Switch(2017年3月3日発売)

ワンツースイッチは、ニンテンドースイッチの特徴的なコントローラー「ジョイコン」の特性を存分に活かしたソフト。
Wiiでいう「Wiiスポーツ」、Wii Uでいう「ニンテンドーランド」にあたるソフトと言える。

このゲームのユニークな所は対戦形式で行われるのだが、テレビや本体の画面ではなく、お互いの顔を見ながらプレイすることで、これまでのパーティーゲームとは一線を画したものとなっている。

一つ一つのゲームはどれもシンプルで既存のゲームには見られない斬新なものばかりだが、一人プレイはできないので、孤高のゲーマーにとっては辛いソフトになっている。

-ガンマン-

対戦相手と見つめ合いながら、ガンマンのようにジョイコンを下に構えておく。
ゲーム本体から「ファイアー!」の合図が聞こえたら、相手の心臓に目掛けてジョイコンのボタンを押して、素早く球を撃った方が勝ちとなる。

動作が早くても、しっかり相手の心臓に向けて撃たなければ弾が外れてしまうので注意。

-真剣白刃取り-

攻撃側はジョイコンを振り下ろし、防御側はタイミングよくジョイコンのボタンを押す。
相手にタイミングを取らせないようフェイントをかけることもできて、駆け引きを楽しめる。

ドラゴンクエストヒーローズ Ⅰ・Ⅱ for Nintendo Switch(2017年3月3日発売)

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』の2つの物語を1本に収録したソフト。

モンスターの大群を蹴散らす爽快なバトル、巨大モンスターとの白熱の攻防をその手に! 追加キャラクターや追加ボス、遊びやすさや操作性も向上! 友だちとのマルチプレイも楽しめる、究極の一作!

1本のソフトで両方とも楽しむことができる。しかも、両タイトルで追加配信されたコンテンツの内容も、基本的にすべて『ドラゴンクエストヒーローズI・II』では最初から含まれている。『ドラゴンクエストヒーローズI』でのダークドレアムや大魔王ゾーマとの激突、『ドラゴンクエストヒーローズII』での竜王やエスタークとの決戦も、まとめて体験できるというわけだ!

スーパーボンバーマンR(2017年3月3日発売)

久しぶりのコンシューマー向け完全新作ボンバーマンシリーズ。

本作は"ボンバーマンらしさ"はそのままに、最先端のハードの性能を活かした美麗なグラフィック、50以上のステージが登場するストーリーモードに、最大8人まで参加可能なバトルモードと、見所満載のものとなっている。

出典ga-m.com

ストーリーモードでは、立体化されたフォトリアルなステージが50種類以上も登場する。

バトルモードと異なり、ステージには高低差が存在し、それを活かしたギミックも用意されており、遊びごたえのあるものになっている。

みんな、ボンバれっ!
ボンバーマンがパワーアップして帰って来た!!
ボンバーマン8兄弟が宇宙を舞台に悪の化身バグラーに挑む!
おなじみの対戦モードも搭載。
世界中のみんなと盛り上がれ!!

1 2