1. まとめトップ
1 お気に入り 1634 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chakenji106さん

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(西暦1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった武田信玄と徳川家康・織田信長の間で行われた戦い。

”夏目次郎左衛門吉信旌忠碑
三方原の戦いで家康の身代わりになって戦死した忠臣を顕彰した碑
http://www.iromyh.com/honzaka/hon-3-1.htm

浜松城まで追撃してきた山県昌景隊は、空城の計によって警戒心を煽られ城内に突入することを躊躇し、そのまま引き上げる。

”家康は己のみじめな姿をその場で絵師に書かせ、
以後、常にこの絵を手元に置き、敗戦を肝に銘じ、
決して慢心しないように自分を戒めていたそうです。
http://murauchi.muragon.com/entry/377.html

1