1. まとめトップ

新規ビジネスに最適!Web申込→顧客管理→請求書発行を実現するサービス

「スポーツのオーダーウェア販売サービス」「パソコンや革製品の修理サービス」などのビジネスをしている方のための、「Webで申込をもらい、その問い合わせをした顧客を管理して、料金が決まったら見積書・請求書を発行する」というシステムWeb上のサービスを組みわせて実現させた手引きをまとめました。

更新日: 2017年03月09日

1 お気に入り 447 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめで紹介する「受注型請求サービス」

「Webで申込をもらい、その問い合わせをした顧客を管理して、料金が決まったら見積書・請求書を発行する」

悩みどころなのが、

・Web申込フォーム
・顧客管理システム
・請求書発行システム
、、、

バラバラには存在しますが、これを一気通貫で行うようなシステムがありません。

無いのであれば、既存のサービス2つを連携させて作ってみよう!

このまとめは「受注型請求サービス」を作るための手引書です。

どういった業種・場面で使うことができるか?

例①
「スポーツのオーダーウェア販売サービス」

普通のウェアであればECサイトを構築すれば良いですが、オーダーウェアは申込があってから、デザインや枚数により料金が決まります。
そのため、最初に決済をしていただくこともできず、後日請求書発行をする必要が出ます。

例②
「パソコンや革製品の修理サービス」
Webサイトから申込があってから、修理内容などが決定して修理し、製品を発送、その後に請求となります。

例③
「内装工事サービス」
Webサイトから申込があってから、内装の企画や規模、素材を決めて工事、その後に請求となります。

上記例で発生しがちな問題

その1:
「問い合わせをメールで受けていて、どれを誰が返信したかわからない!」

その2:
「問い合わせをエクセル管理しているが、最初に電話番号を聞き忘れて商品発送時にあたふた」

その3:
「注文と請求と入金の突き合わせに、月末に丸1日かかる」

システムの構成

<使用するサービス>

A:「LACNE (ラクネ) FORM+」
http://lacne.jp/formplus/
(担当部分)
・Web申込フォーム
・顧客管理システム

B:「Misoca(ミソカ)」
https://www.misoca.jp
(担当部分)
・請求書発行
 ※クレジットカード決済も可能

導入費用:10万円
月額:0円

ラクネFORM+は、ユーザーのフォーム入力操作をサポートする機能と、フォームから送信されたお問い合わせデータを効率良く管理するために役立つ機能をバランスよく詰め込んだ、新しいかたちのフォームツールです。
一般的なお問い合わせフォームだけでなく、お申込みや応募、投票、ご注文など、様々な用途にご利用いただけます。

導入費用:0万円
月額:0円
※請求書の郵送サービス:130円/1通

請求書を1分で作成!シンプル操作の便利なクラウド請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」。好みのテンプレートを選んで項目に入力していくだけできれいな請求書が簡単に作成できます。1通からワンクリックで郵送可能。あなたの請求業務を大幅に短縮します。
(「弥生会計」の弥生グループ)

連携方法

ステップ1:
LACNEをサーバーにインストールする。(この作業は導入費用の中に含まれており、LACNE事務局が作業をしてくれます)

ステップ2:
LACNEでWeb申込フォームを作成。自社Webサイトに設置。

ステップ3:
LACNEにあった問い合わせの中で、成約しサービスが完了した問い合わせをCSVダウンロード。
 機能紹介:http://lacne.jp/formplus/function/

ステップ4:
MisocaにCSVをアップロードし、請求元データを作成。

ステップ5:
請求書を発行。

この「受注型請求サービス」でできること

■申し込み
・Web申込フォームからの問い合わせ受け取り
・電話での問い合わせを管理者が代理入力

■顧客管理
・問い合わせの状態管理
・問い合わせ後の連絡をするための顧客リスト

■請求
・請求書のPDF発行
・請求書の郵送(有料:130円/1通)
・請求金額をクレジットで入金

この「受注型請求サービス」でできないこと

■申し込み
・申し込み時にクレジットカード決済

■顧客管理
・問い合わせの状態の詳細設定

■請求
・銀行口座の入金の自動消し込み

1