1. まとめトップ

将来お金持ちになるためにどうしても関係を断つべきタイプの人10選

人にはいろいろなタイプがいるのは事実ですが、中には関係を持つべきでない人がいるのも事実。そんな将来の成功の妨げとなるタイプの人をご紹介します。

更新日: 2017年03月05日

12 お気に入り 12349 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

scott4510さん

仕事やプライベートを広げるためには、人との縁は欠かせません。そして、人の縁を広げる勉強のために、自分とは異なる人々との付き合い方を学ぶことも大切です。
しかし、世の中にはいろいろなタイプの人間がいて、その中には関係を持っても悪い影響しか与えられない人がいるのも事実です。
本当の意味で有害な人に時間とエネルギーを割く価値はないし、彼らはじつに多くの時間とエネルギーを浪費させます。有害な人は物事を不必要に複雑にし、争いを生み出し、そしてなによりもストレスを招きます。将来の自分の成功を願うのなら、そんな人との関係はなんの利益にもなりません。まさに「関係を断つべきタイプの人」です。
もっとも、どういう人が有害なのかがわからなければ、彼らから距離を置くこともできません。
有害な人間は、ものの道理とは無縁です。自分が周囲にどれほど悪影響を及ぼしているか気づかないおめでたいタイプもいれば、周りを混乱させたり他人を怒らせたりすることに歓びを見いだすタイプもいます。
ちょっとイライラさせられたり、単につき合いにくかったりする人々と、真に有害な人間とを区別する必要があります。あなた自身が有害な人間にならないためにも、是が非でも距離を置かなければならない有害な人々がこの世には存在しており、そんな10のタイプをご紹介します。

噂話に目がない人

「偉人は考えを論じ、凡人は出来事について話し、つまらない人間は噂話をする」――エレノア・ルーズベルト

噂話をしたがる人は、他人の不幸に歓びを見いだします。他人の私生活や仕事上の失敗をのぞき見るのは、最初のうちこそ楽しいかもしれませんが、やがて飽きて嫌な気分になり、他人も傷つつけます。この世には他にも有意義なことがたくさんあるし、素晴らしい人々から学ぶべきことも山ほどあります。他人の不幸を話題にするのは時間の無駄ですし、そんな人とは距離を置いてしまいましょう。

大人になれば強くなれると思ったけど、なんだかそうでもなさそうだ。今でも人の目は気になるし、誰かの噂話に一喜一憂するし、わけもなく元気が出ない時もあるし。それでも背負うものは大きくなって、大切な人も増えて、たまに倒れそうになりながらも、みんななんとか頑張ってるんだよね。

怖いのう…怖いのう…本当に怖いのは、人や人がつくりだす噂話じゃて…

気分屋

感情をまったくコントロールできない人がいるものです。そういう人は、あなたに感情をぶつけ、自分の思いをあなたに投影し、あなたのせいで気分が悪くなったと考えます。感情をコントロールできない人を見捨てるのは容易ではありません。なぜなら、彼らが感情的になっているのを見ると、気の毒になってまた気にかけてしまうし、また、あなたが見捨てたことにより、彼らはまた感情をコントロールできない状態がひどくなります。それでも、結局は、彼らはいざとなったらあなたを感情のはけ口として利用するのだから、なにがなんでも避けるべきなのです。

気分屋すぎて家族でも自分の45センチ以内に入られると不快に思う時ある

気分屋マジなんなのwwwwwwなんのためにこんな走って学校も向かおうとバスに必死になったかわかってんの?wwwwwwwwwwww

犠牲者になりたがる人

犠牲者を見分けるのはむずかしい。最初は彼らの問題に同情してしまいますから。それでも、時間が経つにつれて、彼らは常に「困っている」ということに気づきます。犠牲者になりたがる人は、ほんの小さな障害を、超えることのできない巨大な山と見なすことによって、責任を回避して、同情を得るため自分の悲劇を演出します。困難な状況を、学んだり、成長したりする機会と捉えるのではなく、言い訳の機会にするのです。「痛みを避けることは不可能だが、苦しむかどうかは選択の問題だ」という金言があります。これは、犠牲者になりたがる人の有害性を見事に言い表した言葉で、犠牲者になりたがる人は、苦しむことを毎回選択している。

全てが自らの地位名誉の為!強かに人の同情を買う演技をしながらどす黒いウソついてる姿最高

有りもしない話を作り上げて周りから同情を買うやつが世界で一番大嫌い ☺︎

自分のことしか眼中にない人

自分のことしか眼中にない人は、他者から距離を置いて感情を動かさないことによって、あなたを落ち込ませるます。自分のことしか眼中にない人と一緒にいると、一緒にいるのに関心を得られないため、やがて一人ぼっちになったように感じ始めます。そんなふうに感じるのは、彼らにとっては、他人と真の絆を築くことはなんの意味もないものだからです。あなたは彼らにとって自分をいい気分にさせる道具でしかありません。そんなただ利用されるだけの関係に有益なものが生まれるわけがありません。将来を考えるなら、そんな関係は清算してしまいましょう。

自分は他人にいろいろ求めたくなるけど逆に他人から何かを求められると好きな人でもない限りはそれはそれで不愉快なのでやっぱり僕は自己中のクソ野郎だということを再確認した

最近自己中に生きてる、昔は何かあっても俺が悪いってことほとんど無かったけど最近は結構ある、どうしたんだろ曲がったかな

嫉み屋

嫉み屋にとっては、隣の芝は常に青い。素晴らしいことが自分の身に起きても、彼らは満足しません。自分の中に満足感を見つけるべきなのに、自分の幸運を世間の幸運と比較するために、けっして満足できないのです。自分よりもうまくやっている人間は、真剣に探せば、かならず見つかるのだから、嫉み屋と長い時間一緒にいることは危険です。彼らは常に他人を妬み、自分も周りも何にも満足できず、永遠に幸福感を得られずに過ごし続けます。そんな人の影響を受けてしまったら、いずれあなたも自分の業績を、取るに足らないものと感じるようになり、妬みの連鎖に陥ることでしょう。

@tos結局妬み嫉妬だからダメなんだなぁ……自分の性格がいやになる、きらい

愛情を少ししか受け取ることができていない人間は妬みや恨み、そんな感情が人より多いようにみえる

他人を利用する人

1 2