犠牲者を見分けるのはむずかしい。最初は彼らの問題に同情してしまいますから。それでも、時間が経つにつれて、彼らは常に「困っている」ということに気づきます。犠牲者になりたがる人は、ほんの小さな障害を、超えることのできない巨大な山と見なすことによって、責任を回避して、同情を得るため自分の悲劇を演出します。困難な状況を、学んだり、成長したりする機会と捉えるのではなく、言い訳の機会にするのです。「痛みを避けることは不可能だが、苦しむかどうかは選択の問題だ」という金言があります。これは、犠牲者になりたがる人の有害性を見事に言い表した言葉で、犠牲者になりたがる人は、苦しむことを毎回選択している。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

将来お金持ちになるためにどうしても関係を断つべきタイプの人10選

人にはいろいろなタイプがいるのは事実ですが、中には関係を持つべきでない人がいるのも事実。そんな将来の成功の妨げとなるタイプの人をご紹介します。

このまとめを見る