1. まとめトップ

あるんだ?MTスクーター

スクーターには、AT(オートマ)だけでなくMT(マニュアル)もあります。

更新日: 2017年07月30日

0 お気に入り 15258 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soudesuka888さん

スクーター=ATではありません
MTもあります!
てなわけでMTスクーターを紹介します!

MTスクーターの変速方法

MTスクーターはハンドチェンジが一般的です。
右手グリップ=アクセル、右手レバー=前ブレーキ、右足ペダル=後ブレーキ、
左手レバー=クラッチ、左手グリップ=ギアチェンジとなっています。
つまり左手のレバーをにぎりながら、手首をひねれば変速が出来ます。
写真のスクーター(ベスパPX150)は奥に手首をひねればシフトダウン、手前にひねればシフトアップです。
慣れるとすごく楽しいみたいです。
※写真は
https://news.webike.net/2016/05/17/51386/より引用

新車で買えるMTスクーター

今現在新車で手に入れられるMTスクーターは下記の二車種くらいでしょう。
(探せば他にもあるかも?)
・ベスパ・PXシリーズ
・LML・STAR DELUXEシリーズ
ベスパはおしゃれなスクーターブランドとして有名ですね。
LMLは元々ベスパのOEM生産を行っていたインドのバイクメーカーだそうです。
見た目はPXもSTAR DELUXEもほぼ同じです。

ベスパ PX

ベスパPXは125cc,150ccが現在新車で手に入れることが出来ます。
いずれも空冷2ストロークエンジンを搭載しています。
新車で手に入る2スト。という時点で驚かれる方も多いのでは無いのでしょうか。
2ストといってもガンガン回る2ストでは無く、決して速くはないようです。
※写真は公式HP(http://vespa-japan.com/px.html)より引用

LML STAR DELUXE

LML STAR DELUXEは125㏄,200ccが現在新車で入手可能なようです。
こちらは燃費性能に優れた4ストロークエンジンを採用しています。
※写真は公式HP(http://www.lml-japan.com/?page_id=218)より引用

日本にもあった!MTスクーター

残念ながら、現行で国産MTスクーターは存在しません。
ですが、かつては日本でもMTスクーターが作られていました。
下記の二車種が有名でしょう。(この二車種はAT仕様車も存在します。)
富士重工・ラビットスクーター
三菱・シルバーピジョン

富士重工 ラビットスクーター

ラビットスクーターは終戦直後の1946年から1968年まで
様々なバリエーションが販売されたスクーターです。
スバルブランドで有名な、富士重工製です。
スバリストなら一台は欲しい(?)スクーターですね。
※写真はバイク店OLIO様HP(http://olio.jp/)より引用

三菱 シルバーピジョン

シルバーピジョンは1946年から1964年まで様々なバリエーションが販売されました。
ラビットスクーターとシェアを争っていました。
三菱と富士重には少なからぬ因縁があるようです。(ランエボvsインプしかり)
※写真は三菱自動車HP(http://www.mitsubishi-motors.com/jp/spirit/history/year/1950/50_4.html)より引用

MTスクーターの魅力

優雅でおしゃれ。
ステップスルーでゆるく乗れる。
そんなところがスクーターの美点だと思います。
そんなスクーターをマニュアルミッションで小気味良く操れたら・・・。
自分も一度は所有してみたいです。

1