1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北ミサイル日本のEEZに3発落下…北朝鮮の狙いや海外の反応

北朝鮮が弾道ミサイル4発発射し排他的経済水域に3発落下かする事象が発生…北朝鮮の狙いや海外の反応が気になります。

更新日: 2017年03月06日

7 お気に入り 32546 view
お気に入り追加

北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射し日本のEEZに落下

およそ1000キロ飛んで、このうち3発が日本海の日本の排他的経済水域の中に落下したと推定されています。

現時点においては、付近を航行する航空機や船舶への被害は確認されていない。

菅義偉官房長官は6日午前に緊急会見し、北朝鮮が同日午前7時34分に弾道ミサイルを発射したと発表

そもそも「EEZ」(排他的経済水域)とは?

海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)に基づき設定される経済的主権のおよぶ水域のこと。

天然資源及び自然エネルギーに関する「主権的権利」、並びに人工島・施設の設置、環境保護・保全、海洋科学調査に関する「管轄権」がおよぶ水域

日本政府や防衛省からのコメントによりますと…

ミサイルが落下したと推定される海域に航空機を出して破片などがないか捜索を進めているほか、今回の発射について詳しく分析を進めています。

【お知らせ】  本日7時34分頃、北朝鮮西岸より、4発の弾道ミサイルが東方向に発射され、秋田県男鹿半島から西に約300~350kmの日本海上に、そのうち3発は我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したものと推定されます。 mod.go.jp/j/press/news/2…

北朝鮮の弾道ミサイル発射について、「北朝鮮が新たな脅威となったことを明確に示すものだ」との認識を示した。

首相は関係省庁に(1)情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速・的確な情報提供(2)航空機や船舶の安全確認を徹底(3)不測の事態に備え万全の態勢を取る――の3点を指示

【慣れっこになってはいけない、北朝鮮の弾道ミサイル発射】 日本権益が及ぶ排他的経済水域に弾道ミサイルが着弾したのは、今回で3回目だ。自動船舶識別装置の改善や破壊措置命令の法改正含めて、排他的経済水域に入ったミサイルを撃ち落とせる枠組みを作るべき。できない理由を並べるのでは意味なし

【北朝鮮ミサイル発射で思う事】 EEZ、日本の領海200海里、つまり370キロ以内にミサイルは落ちた。 コレがアメリカ西海岸に落ちてたとしたら、アメリカはどうするか? それと、その時に限って日本の領海に落ちたとし、静観を決め込む 韓国の東海主張はどうなのか?疑問なところです。

海外の反応やコメントも気になります。

複数のミサイルが約1000キロメートル飛行したと指摘した。軍は、ミサイルは東倉里(トンチャンリ)から発射されたとしている。

その発射場所から、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「KN08」や「KN14」との見方も出ているという。

北朝鮮による米本土や同盟国を狙った弾道ミサイル発射を抑止する軍事オプションの検討を急いでいる。

安全保障を維持するため、同盟国である韓国・日本と緊密に連携していくことに完全にコミットしている」と表明

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。