アイドルグループ・乃木坂46のアンダーメンバーが24日、横浜アリーナで29日発売の23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブ3daysの初日公演を行った。選抜メンバーはいなくとも、チケットは即完売でバックステージまでぎっしり満員。アンダーライブ史上最多の1公演で1万5000人を動員した。

 乃木坂46はシングルごとに選抜メンバーを決め、選抜されなかったメンバーは「アンダーメンバー」として独自の活動を展開する。今作は、選抜メンバーが過去最多22人に対し、アンダーは過去最少の10人。アンダーライブ(通称アンダラ)のオープニングはニューシングル収録のアンダー曲「滑走路」からスタートし、センターは寺田蘭世が務めた。

出典乃木坂46“アンダラ”過去最多1万5000人動員 表題曲なしも「神セトリ」 (2019年5月25日) - エキサイトニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

今、もっとも勢いのあるアイドル・乃木坂46 試練は卒業ラッシュのみ?

AKB48の公式ライバルグループとして秋元康氏がプロデュースし、2011年に発足したアイドルグループ。それが今や通算16枚目となる最新シングル『サヨナラの意味』が自身初となるミリオンを突破し、NHK「紅白歌合戦」も2年連続で出場するなど、人気でもAKB48を抜きその勢いが止まらないようです。

このまとめを見る