1. まとめトップ

"ちけあ"ってなんだ!?まとめてみた

地域包括ケアシステムのこと「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律」で明文化されたことにより各地方自治体などの団体で体制が作られ推し進められている制度生活支援・福祉サービス、医療・看護、介護・リハビリテーション、保健・予防などのキーワードを持って実施されている。

更新日: 2017年03月06日

1 お気に入り 1316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hato_patoさん

ちけあ とは?

地域包括ケアシステム(略して、ちけあ 地ケア チケア) のこと

地域包括ケアシステムは、以下の通りとなります。

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。

ということは、高齢者のためのシステム??

各地域の取り組みを見てみよう!!

まずは、厚生労働省のサイト内で事例集を見つけたので、そちらから

学生が起点となり高齢者の力を引き出した共生と就労支援のしくみづくり
北海道 当別町

学生さんも取り組んでいるんですね。

この取り組みの特徴は以下2点

地域の大学生のボランティア活動を起点として、障害、児童、高齢者とあらゆる人びとを巻き込んだまちづくりを進めている

社会福祉法人やNPO法人が中心となり、“一人のニーズに一つずつ向き合う”ことにこだわり、地域の高齢者に必要な生活支援・就労支援のサービスを生み出している

具体的に何をしてるんだろう??

【認知症があっても働ける場づくり~共生型コミュニティ農園 ぺこぺこのはたけ】

--------------------------------------------

続いては、川崎市

市内の市営住宅の2ヶ所をモデル地域として設定し、支援が必要な方の見守り支援や、
閉じこもり防止等のため高齢者が集えるサロンづくりなど、具体的なしくみづくりを目指す。
「安心生活創造事業」の一貫のモデル事業であり、事業期間は平成24年10月から平成
26年3月とし、事業終了後は、内容を検証し、市内の他地域に展開させていく予定。

市営住宅を取り組みのモデルに使ってるんですね、
地域のリソースの有効活用も含めて対応しているようです。

あと川崎市では、ポータルサイトがあるようです。
他地域もあるかもしれないので、各自治体のサイトから探してみると良いかもしれません。

この川崎市のポータルサイトのコラムが中々面白いので
一部を紹介します。

地域包括ケアシステム その他の取り組み

日経デジタルヘルスにも地ケアの情報がありました。

書籍も販売されているようですね。

1 2