1. まとめトップ
  2. 雑学

へぇ〜知らなかった!お湯と水はそそぐ音が違うらしいよ

私たちは日頃から無意識のうちに様々な音を聞き分けています。意外と身近なところに音の違いはあるんです。

更新日: 2018年01月17日

41 お気に入り 26138 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■水は沸騰させると成分が変わります

水は、沸騰させると、どんどん空気が抜けていきます

水が温まる様子を見ていると水を入れた器の底に泡がつきます。この泡は、水に溶けていた空気が気体になったものです

水からお湯になると、水の状態では含まれていた酸素や窒素が減っています。ですから、水を飲むのと、お湯を飲むのとでは、摂取している成分が違うんです

■水とお湯では注ぐ音も違うって知ってた?

■それぞれで音に高低が感じ取れます

水はチャパチャパした音なのに対し、沸騰した湯をポットに注ぐときは「タポタポッ」とか「トポトポッ」という感じの低い音がします

■なぜそんなことが起きるのでしょうか?

なぜ2つの音に違いが出るのかというと、水の粘度は温度によって違いが生じるため

水もハチミツと同じで、冷えている時は粘度が高くドロドロだが、温かい時は粘度が下がってトロトロになっている

常温の状態の水の方が水分として粘着性が強く、温めてお湯になることでより液体化され、粘力が弱まってくる、これが音に現れる

■違いが気になる方はコチラの検証動画をご覧ください

実験方法は、同じのポットとコップを使って水とお湯を注ぎ、音の違いを確かめるという簡単なもの

見た目でバレる可能性があるため、注ぐところは隠して音だけが聞こえるようになっています

水とお湯を注ぐ時の音には違いがあり、誰でも違いを聞き分けられることがムービーで示されています

1