1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

レビュー高っ!来年映画化される原作小説が読者満足度高すぎ

全部公開は2018年。まだ読んでない人はぜひ。

更新日: 2017年03月08日

tyanndaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
446 お気に入り 195734 view
お気に入り追加

■猫好きにはたまらない…

主人公の悟と愛猫ナナが日本各地を旅するストーリーで、2月末にクランクインした福士は、ほぼ全編にわたり猫と共演するという初めての試みに挑んでいる

数々の文学賞の候補に選ばれたほか、Amazonレビューでは有川作品最高点の4.6点(5点満点)を記録し、第4回ブクログ大賞(小説部門)を受賞するなど、ファンの間でも高く評価されている

すげえ…

有川氏自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れは強く、今回の映画化に当たり、自ら脚本開発に参加している

有川浩さんの『旅猫リポート』は、単行本・青い鳥文庫・絵本・文庫と4パターンで展開! そして今後、世界6カ国で翻訳される事が決定しております!… instagram.com/p/BQkrHVYjMbN/

2013年、2015年に映画化された『図書館戦争』シリーズに続いての有川作品への出演となり、ある秘密を抱える青年という難しい役どころに挑戦

「原作を読み、やわらかいものに丸く包まれているようなやさしい物語だと思いました。けれど、その中に隠された秘密や過去にドキッとする瞬間が何度かありました」

楽しみ…!

■池井戸作品、初の映画化

欠陥に気づき製造元・ホープ自動車を自ら調査するが、そこには大企業のリコール隠しがあった

2006年に実業之日本社から単行本が、2009年に講談社から文庫が刊行され、『第136回直木賞』候補作にもなった本作

累計発行部数は120万部を突破し、09年にはWOWOWでドラマ化(仲村トオル&田辺誠一主演)され、池井戸氏が「ぼくはこの物語から、『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ」と語るほど思い入れの強い作品だ

「社会へ勇敢に立ち向かう役をいただき、とても光栄に思います。そして、僕はいつも通り本気でやるだけです」

かっけーw

■本屋大賞1位をとったあの作品も映画化

「羊と鋼の森」に山崎賢人が主演し、日本映画界を代表する名優・三浦友和と初共演を果たすことが明らかになった

[映画ニュース] 山崎賢人&三浦友和、本屋大賞1位「羊と鋼の森」映画化で初共演! eiga.com/l/kOEPR pic.twitter.com/vl8FwDEVpB

海道の田舎で育った主人公・外村直樹が、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎と出会ったことをきっかけにピアノの調律に魅せられ、調律師を目指して成長していく様を描く作品

1 2





tyanndaiさん



  • 話題の動画をまとめよう