1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

A.YAMADAさん

これまで世界68カ国で公演を行ったプロのジャグリングパフォーマー。京都府宇治市に所在を置く在日コリアンのみが暮らすウトロ地区生まれの在日コリアン三世。主なジャグリング道具のほぼ全てを実演する世界でも珍しいオールラウンダーであり、ディアボロ(写真)においてはスペシャリストである。その実力は世界で数人しかできない4ディアボロのトス(上に投げる技)を本番で行うことができる腕前。また、ジャグリング・講演・ラップで構成された公演を年間200以上こなし、ショービジネスにおいてジャグリングパフォーマーとしては日本で最も成功している人物である。

まずはPVを観てみよう!

ブレイクダンスもできちゃう身体能力の高さ。

あの世界の北野武にジャグリングを指導。

PV2012と比べると格段にその異常さが増している様子がうかがえる。

大道芸ワールドカップin静岡2002に最年少17歳で出場!

アジア最大級の大道芸フェスティバル「大道芸ワールドカップin静岡」。一定以上の実力なければが厳しいとされる「オン部門」にキャリアわずか3年で最年少17歳でいきなり初出場。ヤジウマ人気投票において1位を獲得し、目の肥えた多くの大道芸ファンを驚かせた。

便利な世の中になったものでYouTubeで探してみれば2002の映像を発見しました。実はこの映像、初々しさはあるものの日本大道芸史において歴史的な1ページとなる。ジャグリングにポップやブレイクダンスの要素を取り入れ、アップテンポな音楽に合わせて連続的に技を繰り出しながらも、技を音にはめる「音ハメ」と呼ばれるスタイルをジャグリングで実現させ、当時の大道芸界に大きな衝撃と大革命を起こした。この映像はDVDが普及していなかった当時は多くのビデオテープが出回った。また、彼に影響を受けた大道芸人も多く存在する。

2003年の動画もありました。マジックもやっています。

この狭いスペースでディアボロをブンブン振り回す度胸が凄い。

高校卒業後、海外を中心に活動!

ホームページによると、高校卒業後は海外を中心に活動。ノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ムピロ・ツツやキング・オブ・ポップと称されるマイケル・ジャクソン。ベネズエラのウゴ・チャベス元大統領やキューバのラウル・カストロ国家元首兼首相の前でもパフォーマンスを披露。その一方で飢えや貧困、紛争や難民などの社会問題を抱える国や地域でも積極的に公演を行う。

新羅29代王、武烈王・金春秋の末裔!

韓国のKBSテレビドラマ『大王の夢』放送にあたり、特集番組にパフォーマーちゃんへん.が登場したことがある。このドラマは彼の遠い先祖にあたる武烈王・金春秋を主人公とした作品であり、特集内では「偉人の子孫の現在」というコーナーで少しだけ登場した。また、韓国では最も長い家系としても知られており、彼自身は65代目である。

ウトロ地区出身の在日コリアン!

本人も公表している通り、彼は在日韓国・朝鮮人、通称在日コリアンである。京都府宇治市の在日コリアンが多く住むウトロ地区で生まれ、短い間ではあるが幼少期を過ごす。その後、小学校は京都市伏見区の学校に通うが壮絶ないじめを受ける。

講演が素晴らしい!

世界中での公演の経験をもとに、中高生を中心に若者から大人まで幅広い世代の心に響く講演会を行なっている。実はわたくし、彼の講演会に何度か足を運んだことがある。ジャグリングはもちろん申し分なく素晴らしい。が、それ以上に講演がとてつもなく素晴らしい。今までいろんな方の講演会に足を運んだが、こんなにも笑って泣けて頑張れる話はなかなか出会えない。彼の経験から発せられる言葉には圧倒的な説得力があり、これからの日本社会に必要でとても大切なことが集約されている。機会があれば皆さんも彼の講演会に足を運んでいただきたいと心から思う。

ちゃんへんさんの講演めちゃめちゃ感動した 世界レベルのパフォーマンスからのすごく心に響く話や歌 感動しすぎて教室帰ってからふいに泣いてしまった… こんなに記憶に残る人権学習なんて後にも先にもないだろうなぁ ちゃんへんさん本当にありがとうございました

チャンヘンさんのパフォーマンス凄かったし、お話も感動して泣きそうなった 自分ももっと強くならんとな~

基本そんな感動して泣くタイプちゃうし人に泣いてる姿見られるん恥ずかしすぎるから全力で隠すけど今日だけは堪えれへんかった~ちゃんへんさんの話感動最後もはやジャグリングの事忘れとった

ちゃんへん.さんの講演はほんまに感動した‼ ジャグリング凄かったしトークも笑いあり感動ありでほんま充実してたね^_^

今日のちゃんへん.さんの大道芸も講演会も歌も全部見て聞いて感動したわ

1 2