福井県(鳥浜貝塚)で出土した漆の枝は、放射性炭素年代測定法による分析の結果、世界最古の約 12600年前のものであると確認され、漆木のDNA分析で日本の漆は日本固有種であることが判明した。 更なる調査で技術的に高度な漆工芸品である「赤色漆の櫛」も出土、 この他に、木製品、丸木船、縄、編物、その加工に用いられた工具なども相次いで出土しており、漆工芸品も含めた木材加工の関連品が発見されている。これらのことから漆器の起源は日本であるとする説が有力となっている。

出典出典 漆器 - Wikipedia

漆工芸は中国から伝わった等の起源説の議論についてはDNA解析により収束しました。

前へ 次へ