出典 haru226さんがアップロード

”飛騨春慶塗はいまから約400年前に、二人の職人によって生み出された漆器。
当時の高山城城主の金森可重(ありしげ)の長兄・重近に献上する盆を制作する際に、大工の棟梁であった木匠・高橋喜左エ門が、さわらの木目を生かした蛤形の盆を制作した。その盆を御用塗り師であった成田三右エ門が木目の美しさを引き立たせるために、透け漆を塗り重ねた。
そうしてできあがったのが、「春慶」である。”







出典:http://nakata.net/rnp/area/4519/