1. まとめトップ

”続けられる”スポーツクラブ選びのポイント

「今回こそはちゃんと痩せるために、スポーツクラブに入る!」と一念発起しても、気づいたら足が遠のいてしまう…。スポーツクラブに通わなくなってしまった経験のある方は3割以上いるというデータも。今回は”続けられる”スポーツクラブ選びのポイントをご紹介します。

更新日: 2017年03月10日

0 お気に入り 362 view
お気に入り追加

契約時には入会金とか会員カード発行料なんかを取られますので、失敗してもすぐにジムを変える訳にはいきませんよね。できるだけ、最初から自分に合ったジムを選びたいです。

日本フィットネス産業協会によれば、
フィットネスクラブ全体で月の平均退会率は、実に【5.9%】。
「5.9%」というと大したことなさそうですが、これ毎月平均ですからね。
年間に直すと、実に全会員の70%超が入れ替わっている、ということ。

過去にスポーツクラブに通っていた人に“利用しなくなった理由”を尋ねたところ、「時間が合わなかった・時間が無かった」が33.3%と最も多く、「環境の変化により(引越しや子育てなど)」23.3%、「飽きた・面倒になった」21.4%、「お金が続かなかった」19.3%と続いた。

スポーツクラブ選びのポイント①「場所」

続けられない理由の1位が「時間」。
つまり最も重要なのは「場所」になります。つまりは、通いやすいかどうかです。
自宅の近くで探すか、通勤途中か会社の近くにするかは営業時間との兼ね合いや通える曜日から検討しましょう。気軽にスポーツクラブに足を運べることがポイントです。

どんなにいい設備も、ジムに行かなければ全て無駄です。モチベーションが低い時でも行こうと思えるレベルの通いやすさを選ぶのが、ジム通いを続ける秘訣です。

スポーツクラブ選びのポイント②「設備」

どんな運動をしたいかによって設備の選びも変わります。エアロビクスなどのスタジオプログラムを楽しみたい方は、プログラムが充実しているところを、ランニングなどの有酸素運動を楽しみたい方はそれらのマシーンを、筋トレを中心にやりたい方はフリーウエイトエリアが充実しているところを選ぶことが大切です。

設備の清潔さやメンテナンス状況、ロッカーやシャワースペースなども確認しておくべきポイントです。

スポーツクラブ選びのポイント③「料金」

月額制のスポーツクラブでは平均8,500円ほど。公営のジムであれば1回、数百円で使えます。パーソナルトレーニングでは1回、1万円程度のフィー。オンライン・フィットネスサービスでは月額数百円程度で利用することができます。
目的やスタイルに応じて、選ぶことがポイントになります。

スポーツクラブの種類

公営ジム
市や区が経営しているジムです。体育館や球技の競技場など、スポーツ施設が固まっている場所の一角にあるはず。市・区役所のホームページで探してみてください。

月額制のスポーツクラブ
コナミスポーツや、セントラルスポーツ、ティップネスなどの総合型スポーツクラブです。店舗数も多く、施設によって特徴や利用プランも異なります。総合型として設備が揃っているところが一番の特徴です。幅広く運動したい方にオススメです。

プライベートジム
最近バンバンとテレビやCMで見ますね。個人トレーナーがついて、メニュー作成からトレーニング・食事まで全てをサポートしてくれるもの。

オンライン・フィットネス
最近、注目を集めているカテゴリーです。インターネット配信でレッスン形式のエクササイズ動画を視聴することが可能です。質の高いレッスンを低価格で受けられるのが特徴です。時間と場所を選ばないので、仕事が忙しくて時間がなかなかとれない方や、子育てなどで家を空けられない女性にオススメです。

1





フィットラバーさん

元フィットネスインストラクターです。
カラダを日々ケアし、手軽に運動する方法をご紹介していきたいと思います!