1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter民が報告した『ドン引き必至な人間模様』に戦慄…

常識を逸脱した言動で人を動揺させた人物にまつわる話をまとめました。これも、すべて人間の業…

更新日: 2017年03月10日

118 お気に入り 365424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆事例『入社1年目の娘からの報告』

入社一年目の娘から会社を辞めたいと言われた。 「トイレが長い」と怒られたらしいが問題はその内容 ★20年目のバイトのオッさんに言われた。 ★トイレに入った時間を監視 ★トイレ内での様子を曇りガラスの窓の外から監視 ★入っている時間も測っている ★一年間見ていた これどうよ?苦笑

(( ;゚д゚)))

補足 「トイレで立った後にまた座ったりして何をしてるのか?」を問い詰められた時に「行く時間も出る時間も全部見てる。今日は9時.11時.15時.17時に行った」と言われて一気に気持ち悪くなったらしい。 しかもトイレが長いのを社長に報告すると言われてマジで限界きたからすぐ辞めたいと。

(((( ;゚д゚))))

◆事例『信号待ちのサラリーマン』

信号待ちで若いサラリーマンが小刻みに足踏みしながらぐいぐい前に出ていくから、急いでるにしても危ないぞと思ってたら小さく「漏れちゃう漏れちゃう、スーツで漏らしちゃう」って口走ってたし、後ろから同僚らしき人たちが「油断するなよ」「スーツで漏らしたらやばいぞ」って励ましてた

突然ぴたりと止まってズボンを見おろして「この色なら目立たないんじゃ…?」って呟いた時は横にいた私にも戦慄が走ったけど青になると同時に駅の方にすっ飛んでいったから多分間に合ったと思う 思いたい

激しく同感。。

◆事例『女性営業マンからの電話』

新しくできたという墓地のセールスの電話があったんだけど、とても上品な感じの女性から「近々お墓をご利用いただくことになりそうなご親族などいらっしゃいませんか?」と、めちゃ丁寧な言葉遣いで「死にそうな親戚いないか?」と聞かれた。

◆事例『iPadで遊ぶおじさん』

ヤマダのiPad売り場で、いろんな写真を2本指で拡大して遊んでいるおじさんがいたんだけど、よく見ていると、女性の写真のホクロばかりを次々と画面一杯に拡大しては「ウホホ…」と満足そうに微笑んでいて、iPadっていろんな性癖の人にとっても便利な道具なんだな、と感動した。

こ、怖い…

◆事例『謎の服を処理するおばさん』

知らないおばさんがダンボールに詰めた謎のたくさんの服を「これ、誰かいらないかしらねえ」って言ってきて「その辺にご自由にどうぞって張り紙して置いとけばどうでしょう」って言って2人でフリマみたいに謎の服を並べて「では」って別れた10分後にその道通ったらパジャマ以外全部無くなってた

◆事例『温泉卵を作る嫁』

うちの会社の岩下さん、最近結婚した相手が超メシマズ嫁だったことが発覚。毎日うなだれてたんだけど、今日は特にやばくて「どうしたんですか?」ってきいたら イワさん「なぁ……ウチの嫁がさ……温泉卵つくったっていうんだよ。」 イワさん「バブで茹でたんだって…」 バブでゆでた

◆事例『パンケーキを食べる女性』

フラれたコトが悔しいとバケモノみたいなパンケーキを喰いながら号泣してるデザイナー女子を見ながらバケモノみたいな生命力を感じてる。やっぱり男は号泣しながら二郎は食えないもんなぁ。そしてパンケーキを完食し泣きながらもレシートを俺の方にスーッとスライドさせるもんなぁ

◆事例『言葉遣いが酷い女性』

ワインの店に入店。カウンターに30代女性2組が上品な店の雰囲気と真逆な口調で愚痴大会を展開している。あまりに言葉遣いが酷く閉口していたが、実はその女性が嫌っている職場の同僚の台詞を延々と実演してるだけだった。その後上品な女性に戻っていたが、インプット&アウトプット力がハンパない。

◆事例『匂いを漂わせる女性』

電車の中、微かに美味しそうなカレーの匂いがした。匂いは女の子が大事そうに持っている大きなカバンからだ。彼氏に届ける途中なのかもしれない。きっと鍋ごと運んでた。すごいな。愛だな。喜んでもらえたのだろうか。と、独りで家でカレーを作りながら考えております。

1 2