1. まとめトップ

これで一日OK!テカリ女子が知っておくべき化粧崩れしない簡単テクニック

少しずつ暖かくなってきましたが、そうなると徐々に気になってくるのが化粧崩れ。今のうちに知っておくと春が来ても崩れ知らずです。

更新日: 2017年03月10日

20 お気に入り 40347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

保湿をしておく

化粧崩れの原因で多いのが皮脂。
皮脂が出る原因が乾燥です。
メイクをする直前に保湿をしっかりすることで皮脂が表面に出にくくなりますし、メイクの乗りも良くなります。

汗同様に皮脂がにじみ出ることで、ファンデーションが流れることがあります。特に、おでこや鼻は皮脂が多い部分なので崩れやすいです。

ベースメイクの崩れの多くは、皮脂が原因。乾燥していると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。メイク前に肌をうるおいで満たしましょう。

皮脂が多く分泌されてしまうと乳化されずに毛穴を詰まらせて黒ずみの原因になったり、ニキビになって化膿してしまったり、化粧くずれを起こしたしまったりなど、肌トラブルに結びつくことが多いからです。

毛穴を引き締めておく

毛穴から皮脂が出ますので、開いた状態でメイクをすると皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
それを防ぐために毛穴を引き締めておくのがベストです。

せっかくキレイに仕上げたメイクも、時間とともに皮脂や汗でじょじょに崩れてだんだん残念なコトに……。毛穴が開いていると、余計に皮脂が分泌されやすくメイクが崩れるのも早くなってしまいます。

肌の負担を最小限にするため、ゴシゴシこすらずに優しく洗うのがポイントです。
また、冷水ですすいで毛穴を引き締めようとする方がいますが、冷水だと皮脂が固まってしまってしっかり落ちないのでおすすめできません。

化粧水にも様々な種類がありますが、夏は毛穴を引きしめる“収れん作用”がある化粧水を使ってみることをお勧めします。毛穴を引きしめ、汗や皮脂の分泌をコントロールしてくれるタイプです。

化粧下地を見直してみる

化粧崩れを防ぐためには化粧下地が大切。
様々な種類がありますので、脂性肌の人は皮脂を抑える効果のある下地など用途や肌の傾向に合わせて選んでみましょう。

化粧下地には、たくさんの種類があります。特に、Tゾーンがテカりやすい混合肌の方は、スキンケアに加えて、以下4つのポイントの見直しを行ってみてください。
(1)肌色を整えるもの
(2)凹凸を整えるもの
(3)化粧崩れを防ぐもの
(4)乾燥を防ぐもの

化粧下地を使っていない方は取り入れることをおすすめします。化粧下地には肌の土台を整え、ファンデーションを肌に密着させる役割があります。

下地やファンデーション、パウダーなどを重ねていくとその分ヨレやすくなるので、下地とファンデーションがひと塗りで出来てしまえば汗をかいたとしてもメイクが崩れにくくなります。

ファンデを肌に叩き込む

ファンデーションはなるばく薄く塗りたいですが、そうするとくぼみなどに行き届かないことも多いです。
そういった場所は細かく叩き込むように塗るとむらなくキレイになります。

薄くのばしたファンデーションを塗ったら 次にスポンジを用意して肌にしっかり「叩き込む」こと。

小鼻周りは凹んでいるので指やコットンが届かず、スキンケアが行き届いていない人も多いです。ですので、まず指を使ってしっかり窪んでいる部分にも化粧水・乳液を塗布しましょう。その後、それらがしっかり浸透したら、ファンデーションもスポンジの角などを上手に使って、小鼻脇のくぼみ部分にもファンデーションを塗りましょう。

ファンデーションも化粧下地と一緒で、塗るというよりも叩き込むようにしていくとムラなくつきます。これでベースメイクも崩れにくくなります。

皮脂が出てきたらプレストパウダーを使う

抑えるケアをしていても体質差がありますので、限界があります。
そういう時はプレストパウダーで皮脂を抑えましょう。

ファンデーションの上から重ねることによって、ファンデーションをより肌に密着させることができ、きめ細やかな粒子が肌の気になる部分をカバー、余分な汗や皮脂を吸着してヨレやテカリを防いでくれます。

フェイスパウダー(プレストパウダー・ルースパウダー)であれば一般的なパウダーファンデーションと比較しても肌への負担は軽減されますが、乾燥して化粧崩れした肌へいきなり塗るのは避けるようにしましょう。

下地とかファンデが残ってる状態。そしたらその上に薄づきのパウダリーファンデーションかプレストパウダーを軽く押してあげます。そうすると朝メイクしたときみたいな顔になるんですよ。すぐ直せます。

美容液を含ませた綿棒で崩れたメイクを軽く取った後のケア

1