1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ハリウッドでは作れない!日本にしか作れない”和み”の映画【6選】

今回のテーマは「日本にしか作れない映画」。ハリウッド映画のような、ド派手なアクションシーンやCGでの技術では敵いませんが、日本独特の繊細すぎる”間”と”空気”をもった和みの映画こそが日本映画の真骨頂だと考えています。最近仕事や学校でココロが疲れてしまっている人にオススメの邦画です。

更新日: 2017年03月11日

Yuuuuuumaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 3522 view
お気に入り追加

1.かもめ食堂

サチエの前向きな人柄に、不思議と周りには人が集まってくる

サチエ(小林聡美)はヘルシンキで“かもめ食堂”を始めたものの客はゼロ。ある日彼女は最初の客で日本かぶれの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)にガッチャマンの歌詞を教えてくれと言われるが、出だししか思い出せない。彼女は偶然本屋でミドリ(片桐はいり)を見かけ……。

2.しあわせのパン

素朴で味わい深い作品

りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを彩っていた。そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだった。

3.ホノカアボーイ

ハワイの小さな町でのスローライフ

恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師として働くことに。ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、恋人と道に迷った末にたどり着いた町だった。不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやって来たこの町で、レオは風変わりだが心優しい人たちと出会う。

4.南極料理人

誰一人として「おいしい」とは言わない 表情で語っているのだ

西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員(高良健吾)らが彼の料理を心待ちにしており……。

5.愛を積むひと

人を受け入れ、許せたときに、自分を好きになれる

東京の下町で営んでいた工場を閉鎖し、残りの人生を北海道で過ごそうと決意した篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の夫婦。かつて外国人が暮らしていた家を手に入れて暮らす二人だが、仕事一筋だったゆえに篤史は手持ちぶさたになってしまう。そんな彼のために良子は、家を囲む石塀作りを頼む。しかし、良子が以前から患っていた心臓病を悪化させて他界してしまう。深い悲しみに沈む篤史だったが、石塀作りを手伝う青年・徹(野村周平)との交流や、娘・聡子(北川景子)との再会を経て、前を向くようになる。

6.さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~

こころが疲れている人へ

ばい煎コーヒー店の主人として、たった一人東京で懸命に過ごしてきた吉田岬(永作博美)。幼少時に父親と生き別れた過去を持つ彼女は、再会を願って故郷である能登へと帰ってコーヒー店を開くことにする。店を切り盛りする中、ひょんなことからキャバクラ嬢として働き子どもたちを育てるシングルマザーの隣人・山崎絵里子(佐々木希)と言葉を交わすようになる。彼女と子どもたちとの何げなくも心温まる交流を経て、岬は人とのつながりによって得られる安らぎをかみ締めていく。

1 2





Yuuuuuumaさん

心オドルまとめを毎日更新中。
お気に入り登録ありがとうございます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう