1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

歴史をこよなく愛す女性たち・・・歴女が登場するマンガまとめ

歴女の恋愛や歴史を研究する部活、アイドルをプロデュースする話など、歴女が登場する漫画をまとめました。(レタスバーガープリーズ.OK,OK!、歴女るの!、レッケン!、乙女ひすとりっく、孫子のアイドル兵法!、歴女ガイドねね)

更新日: 2017年05月22日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 15421 view
お気に入り追加

◎『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』 松田奈緒子

「レタスバーガープリーズ.OK,OK!」は「重版出来」の松田奈緒子さんの昔の作品。主人公は元祖・歴女の鞠手ノ公路 綾。ミステリ作家で戦国・江戸オタク。ダーリンは林 稲造。職業:挿絵画家。江戸マニア。趣味:十手収集。のラブコメ?めちゃ面白いです。

重版出来!原作が面白いのは言わずもがな、私はレタスバーガープリーズ.OK,OK!を激しく推すよ!タイトルからして素敵だし装丁も素晴らしいから!あと少女漫画も少女漫画好きにはたまらんこの人すげぇ!ってなるので少女漫画好きさんは是非読んでみるといいよ!

定期的に読み返す漫画の中に「レタスバーガープリーズ、OK,OK!」があり、ごく最近も再読したのですが、綾の年齢をまもなく追い越すのだと気がついて、感慨深いものがありました。しっかし、何度読んでも楽しい漫画であることよ。私は綾や稲造はもちろん、空素景ちゃんが好きです。

◎『歴女るの!』 洋介犬

なんの趣味もとりえもない姉・サキが夜な夜な神社で戦国武将ごっこ!?なりゆきで歴女部に入部までさせられた弟・進藤ハチヤは、その歴女の熱量に耐えられるのか…!

「歴女るの!」のコミックスを駆けずり回って購入。幕間の武将ウンチク話がおまけでついてきてるけど、こちらも面白いよ。真田幸村の事になるとコノ先輩が原始人みたくなるし。

丹羽長秀については洋介犬先生の「歴女るの!」に長秀回があるんだが必見

洋介犬「歴女るの!」1巻読了。歴史について熱く語る高校生の少女達と、巻き込まれたあまり歴史を知らない弟のトークギャグ漫画です。戦国時代中心で、あなたもこれを読んで丹羽長秀ファンになりましょう! つまりその回が最も大笑いしました。後、肉人は萌えキャラになれる潜在能力を感じます。

◎『レッケン!』 吉谷やしよ

レッケン(歴史文化研究部)!歴史をこよなく愛し、武将や志士に萌え転がる乙女たち[歴女]と蘊蓄・論考・妄想を一方的に語られながら、彼女たちと部室で過ごすひと時はいかが?

「レッケン!」はとてもおすすめしたい漫画 自分が「武田信玄の生まれ変わり」と信じて疑わない、腐歴女属性の京都弁さん、自分で刀を作っちゃう系女子などの濃い歴女が集う歴史文化研究部に名前だけで勧誘された主人公がひたすら不憫なゆるい四コマ漫画~

レッケンは歴史物の4コマで 主人公をそれを取り巻く人達(笑)のやり取りが面白いよな

「レッケン! 歴史文化研究部1巻」(吉谷やしよ/講談社)が面白い。暦女の集う文化系部に阿久津宏海的突っ込みキャラが無理矢理入部させられてトンチキな行動に突っ込みさせられる内容の4コマ漫画です。……暦女というよりも、中2病じゃね?みたいなキャラ付けだけどっ。歴史ウンチクもあるよ!

◎『乙女ひすとりっく』 えむあ

体育会系女子高生・籐子は、ふとしたきっかけで「歴史研究会」に入部することに…恐る恐る足を踏み入れたそこは濃ゆ~い歴女達の巣窟だった!

WEBコミックハイの乙女ひすとりっくおもしろい

『乙女ひすとりっく』が2巻で終了なんて信じられない。こんなに面白いのに…!!

【寸評】『乙女ひすとりっく(1)』:最近人口に膾炙しつつある腐女子生態マンガ。若干目を引くのは、ひたすら腐女子(本作の場合は歴女)を描くのではなく、ヘテロセクシュアルな恋愛要素を描くところでしょうか。まあでも、歴史というコンテンツが広く楽しまれることは基本的に悦ばしいと考えます。

◎『孫子のアイドル兵法!』 わだぺん。

富士塚さくらは地元の商店街を救うため、AMPの元センターで同級生の旭丘すずなに会いに行く。しかし、すずなは孫子を愛する地味っ子へと変貌していて……!?

悩みながら、わだぺん。『孫子のアイドル兵法』を。元アイドルの三つ編みおさげ黒髪巨乳眼鏡っ娘という要素のてんこ盛りで素晴らしすぎる旭丘さんが大変よく、それだけで満足、したぜ!案件です。

ドラゴンエイジ12月号で連載が始まった、わだぺん先生の『孫子のアイドル兵法』 タイトルのインパクトが強い! ギャグが面白くテンポもよく、熱いスポ根風描写や百合要素もあってめちゃくちゃ好みなやつです……!

◎『歴女ガイドねね』 そらあすか

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する