1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

堀北真希出演作品も!「吉本ばなな」原作映画5選

『キッチン』の鮮烈なデビュー以来、「ばなな現象」とまで呼ばれるブームを起こした「吉本ばなな」。世界的にも評価が高く、その著作は海外三十数か国で翻訳、出版されている。そんな吉本の映画化作品から、堀北真希が可愛すぎた『アルゼンチンババア』、安藤サクラが体当たりで演じた『白河夜船』など5作品。

更新日: 2017年05月19日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 52230 view
お気に入り追加

◆鮮烈なデビューで社会現象となった「吉本ばなな」

インターネット時代に、作家はどうなっていくのか? —— 吉本ばなな×はあちゅう対談 cakes.mu/posts/14487 pic.twitter.com/Q4M67i8fk8

吉本ばなな(左)とはあちゅう(右)

大学卒業直後に発表した「キッチン」がベストセラーとなり、鮮烈なデビューを飾った人気作家の吉本ばなな。

デビュー作『キッチン』は、圧倒的に読み易い文体とキャッチーな物語で当時の文学シーンを刷新。

八八年から九〇年にかけて刊行した単行本は相次いでベストセラーとなり「春樹現象」に続く「ばなな現象」としてメディアで取り沙汰された。

◆世界中で読まれている稀有な日本人作家

【洋書】吉本ばななさん著《キッチン》英語版『Kitchen』。おうちのぶーんとなる冷蔵庫。カツ丼。何かが終わったから明日、再出発が出来る訳ではない。質感しっとり翻訳。「キッチン」「ムーンライト・シャドウ」「満月-キッチン2」収載。 pic.twitter.com/yeIZBSwBjG

よしもとばななの作品はイタリアで次々と翻訳され、250万部という目覚ましい売行きを記録し、3つの文学賞も受賞している。

村上春樹さんとよしもとばななさんはベトナムなど一部の国では海賊版が出回る程の人気。

諸作品は「キッチン」をはじめ、海外三十数か国で翻訳、出版されている。世界で広く日常的に作品を読まれる初の日本人作家だといえる。

【吉本ばなな】

1964(昭和39)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒。1987年『キッチン』で海燕新人文学賞、1988年『ムーンライト・シャドウ』で泉鏡花文学賞、1989(平成元)年『TUGUMI』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞。海外での評価も高く、イタリアのスカンノ賞、フェンディッシメ文学賞、カプリ賞など受賞。

『言語にとって美とは何か』『共同幻想論』『ハイ・イメージ論』で知られる思想家吉本隆明の次女として生まれる。姉は『プロジェクト魔王[アルドラ]』(1992~98)の漫画家ハルノ宵子。

◆そんな「吉本ばなな」の原作ドラマ・映画5選

▼『キッチン』(1989)

監督・脚本:森田芳光
原作:吉本ばなな
出演:川原亜矢子、松田ケイジ、橋爪功

祖母を亡くし、天涯孤独の身となったみかげは、生前に祖母の知り合いだったという雄一の誘いで、彼のマンションに住むことになる。そこには、雄一の母・絵里子(実はゲイの父親)も同居しており、女ふたり(?)と青年との奇妙な共同生活が始まるが……。

吉本ばななの大ベストセラーを「家族ゲーム」の森田芳光監督で映画化した疑似家族ドラマ。肉親を失い孤独となった少女と風変わりな親子の奇妙な同居生活を描く。

函館は、映画の主要なロケ地となっており、とりわけ市内を走る市電が重要な役割を果たしている。市電は、みかげと雄一の住む「場所」をつなげている。それは二人の「つながり」や「距離」を示唆。

作品が公開されたとき、主演の川原亜矢子の透明感のある魅力が話題となった。

ブルーリボン賞新人賞などに輝いた川原亜矢子の演技は見もの。

橋爪功の好演、松田ケイジの不思議な存在感も印象的。

吉本ばななの、映画「キッチン」。主演が川原亜矢子。意外に、良い。そして女装の母親役が橋爪功でとても良い、品良く人良く、聡明なオカマ‥‥

久しぶりに森田芳光さんの「キッチン」を観ている。 橋爪功さんの演じる絵理子さんが大好き。 所作もことばもとても素敵。 pic.twitter.com/7emyfCp8oe

#映画 やはり #大森一樹 より #森田芳光 やな 「家族ゲーム」は言うに及ばず「ハル」「キッチン」も名作です 「黒い家」の #大竹しのぶ の怪演はスゴイ #小津安二郎 「秋日和」のリメイクでしょう「おいしい結婚」は超好き #斉藤由貴 のみずみずしさ 田中邦衛、小林稔侍もいい

▼『つぐみ』(1990)

監督・脚本:市川準
原作:吉本ばなな『TUGUMI』
出演:牧瀬里穂、中嶋朋子、白島靖代、真田広之

1 2 3





記憶の中で生きてゆける