1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

モアナは加藤ミリヤ!ディズニー日本版エンドソングを歌う意外な歌手達

最新作「モアナと伝説の海」が公開中のディズニー映画。劇中の主題歌や英語版エンドソングと聞き比べるともっとおもしろくなる!

更新日: 2017年03月21日

23 お気に入り 55732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

luseataさん

■ついに公開!モアナと伝説の海

南太平洋で語り継がれる伝説をもとに、海に選ばれた少女・モアナが伝説の英雄のマウイと出会い、世界を守るために大海原を冒険する物語。

ハワイが舞台で映像がとても綺麗!

本年度のアカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞にダブルノミネート

主題歌であり、バージョン違いでエンドソングにも起用されているのが「How Far I’ll Go」

劇中ではモアナ役の期待の新人、屋比久知奈(やびくともな)が歌い上げる

■日本語版エンドソングを歌うのは加藤ミリヤ

『モアナと伝説の海』のエンドソングは世界全24ヵ国バージョンがあり、日本語バージョン「どこまでも ~How Far I’ll Go~」はアーティストの加藤ミリヤ

英語バージョン「How Far I’ll Go」はカナダ出身のシンガーソングライターのアレッシア・カーラが歌う

モアナの エンディングソング 聞いて 呑気に歌ってたけど 加藤ミリヤさんのアレンジ天才すぎて 聞き惚れる❤️❤️ このうたさいこーう。

モアナ見てきた~~! ディズニー版マッドマックス×もののけ姫だった 吹き替えしかなかったんだけどよかったしED加藤ミリヤもよかった! pic.twitter.com/UVDuusmOqk

エンドソングバージョンは劇中歌とは異なるアレンジで加藤が歌い上げる1曲で、ディズニーでは「映画を観終わった人たちが作品を思い返しながら聴く、エンドロールでかかる曲」と説明している。

■ベイマックス

人々の心とカラダをケアするために開発されたロボット“ベイマックス”と最愛の兄を失い心に深い傷を負った少年ヒロとの絆を描いた作品

歌手・AIが歌う日本版エンドソング「Story(English Version)」が使用された日本版予告編が、海外からも大絶賛を浴びている

日本版エンドソングには、本作と同じく"人と人とのつながり"を歌っているということから、AIの未発表曲である「Story」の英語バージョン「Story(English Version)」が決定した。

この曲を聴いたディズニー側のリクエストで見事エンディング・ソングに抜擢されたのだそう。

本家のエンドソングとは全く異なる。日本版にディズニーがStoryを起用した

■ズートピア(2016)

動物たちのユニークな“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』。

第89回アカデミー賞の授賞式が2月26日(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、長編アニメーション賞を米ディズニー・アニメーション・スタジオの「ズートピア」(バイロン・ハワード&リッチ・ムーア監督)が受賞

今年度の長編アニメーション賞を受賞

「ズートピア」の主題歌「トライ・エヴリシング」日本語バージョンを、ガールズグループ「Dream」「E-girls」のメンバーで、昨年夏にソロデビューを果たしたDream Amiが歌唱

Dream Amiは、劇中に登場するポップスター、ガゼル役の日本語吹き替え声優にも挑戦

■シュガー・ラッシュ(2012)

1 2