1. まとめトップ

【世界編】ドストエフスキーについて

ミゲル・デ・セルバンテス、ガリレオ・ガリレイ、ヴィクトル・ユーゴー、レフ・トルストイ、フリードリヒ・ニーチェ、ジークムント・フロイト、マックス・ヴェーバー、アルベルト・アインシュタイン、ヴィクトール・フランクル、KBTIT

更新日: 2018年04月08日

4 お気に入り 3638 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

全ての命が救われる 永遠の平和が訪れる その為の方法手段として 一つの命を殺すこと それは許されるのか?

ポケナイさん

ハンス・ホルバイン

1497or1498~1543 ドイツの画家
アナモルフォーシスの技法を使うことで知られる。
父も同じ名前かつ画家である。

ミゲル・デ・セルバンテス

1547~1616 スペインの作家『ドン・キホーテ』

最も偉大で、最も悲しい書物

ドストエフスキーの言葉、セルバンテス『ドン・キホーテ』について

現在までに人間の精神が発した、最高にして最後の言葉

ドストエフスキーの言葉、セルバンテス『ドン・キホーテ』について

ガリレオ・ガリレイ

1564~1642 イタリアの天文学者『星界の報告』

一つの障害物
除去しても構わない
除去する義務がある

ヴォルテール

1694~1778 フランスの哲学者『哲学書簡』『カンディード』

ロシアの『カンディード』を書く

ドストエフスキーのノートに記述された言葉

ドゥニ・ディドロ

1713~1784 フランスの哲学者『ラモーの甥』

フリードリヒ・フォン・シラー

1759~1805 ドイツの作家『群盗』『ドン・カルロス』

十歳の時、私はモスクワで俳優モチャーロスが登場するシラーの『群盗』の舞台を見た。その時の強烈な印象が、私の精神に深く豊かな影響を与えたと断言出来る。

ドストエフスキーの言葉

ナポレオン・ボナパルト

1769~1821 フランスの軍人

崇高から滑稽までの間は、僅かに一歩あるのみだ

ナポレオン・ボナパルトの言葉

ウォルター・スコット

1771~1832 スコットランドの作家『湖上の美人』『アイヴァンホー』

E.T.A.ホフマン

1776~1822 ドイツの作家『黄金の壺』『砂男』

スタンダール

1 2 3 4 5 6 7 8