1. まとめトップ

ドストエフスキーについて

マックス・ヴェーバー、アルベルト・アインシュタイン、ファン・ゴッホ、レフ・トルストイ、魯迅、岡潔、黒澤明、夏目漱石、和辻哲郎、三木清、小林秀雄、田所浩二

更新日: 2017年04月27日

ポケナイさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 1314 view
お気に入り追加

ヴォルテール

1694~1778 フランスの哲学者『ガンディード』

ロシアの『ガンディード』を書く

ドストエフスキーのノートに記述された言葉

フリードリヒ・フォン・シラー

1759~1805 ドイツの作家『群盗』『ドン・カルロス』

十歳の時、私はモスクワで俳優モチャーロスが登場するシラーの『群盗』の舞台を見た。その時の強烈な印象が、私の精神に深く豊かな影響を与えたと断言出来る。

ドストエフスキーの言葉

ウォルター・スコット

1771~1832 スコットランドの作家『湖上の美人』『アイヴァンホー』

E.T.A.ホフマン

1776~1822 ドイツの作家『黄金の壺』『砂男』

スタンダール

1783~1842 フランスの作家『赤と黒』『パルムの僧院』
『罪と罰』は、スタンダール『赤と黒』を参考にして書かれた。

オノレ・ド・バルザック

1799~1850 フランスの作家『ゴリオ爺さん』『谷間の百合』

アレクサンドル・プーシキン

1799~1837 ロシアの作家『エヴゲーニイ・オネーギン』『大尉の娘』

ヴィクトル・ユーゴー

1802~1885 フランスの作家『レ・ミゼラブル』
ドストエフスキーはヨーロッパに旅行中に、『レ・ミゼラブル』を読みふけった。

『罪と罰』のポルフィーリー・ペトローヴィチは、『レ・ミゼラブル』のジャヴェールを参考にして書かれた。
アメリカのTVドラマ『刑事コロンボ』は、『罪と罰』のポルフィーリー・ペトローヴィチを参考にしている。
日本のTVドラマ『古畑任三郎』は、アメリカのTVドラマ『刑事コロンボ』を参考にしている。

ユーゴーの思想は、十九世紀のあらゆる芸術の根本思想である。それはキリスト教的できわめて道徳的な思想である。それを公式として言い表せば、滅びた人間の復興である。

ドストエフスキーの言葉

ニコライ・ゴーゴリ

1809~1852 ロシアの作家『検察官』『外套』『死せる魂』

我々は皆、ゴーゴリの『外套』から出てきた

これはドストエフスキーの言葉ではなく、フランスの外交官のウージェーヌ=メルシオール・ド・ヴォギュエの言葉と考えられている。

エドガー・アラン・ポー

1809~1849 アメリカの作家『アッシャー家の崩壊』『モルグ街の殺人』

フリードリヒ・ニーチェ

1844~1900 ドイツの哲学者『ツァラトゥストラ』『道徳の系譜』

私の人生の最も素晴らしい僥倖

パスカルにたいする私の関係に近いものがある

1 2 3 4 5 6 7 8 9





ポケナイさん

基本的に、毎週日曜日に更新しています。仕事が多忙な時は、更新が遅れます。



  • 話題の動画をまとめよう