1. まとめトップ

足元にポイント♡春のオシャレスニーカーコーデ

スニーカーコーデで春の軽やかさをプラス!

更新日: 2017年03月13日

10 お気に入り 11846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cnm_plentyさん

スニーカーコーデで春のオシャレを楽しもう♪

春といえば、冬のダークトーンで重めのファッションを変えるときですよね。服だけでなく靴にも同じことが言えます。例えば冬に履く温かいブーツなどを、軽やかな印象を与える靴に変えることで、春っぽさを与えるコーデにシフトチェンジできますよ。今回はファッションスナップから、旬のオシャレなスニーカーコーデを見ていくことにしましょう。

春のコーデにするためには、「首」の付く部位を出すこと!女子の細い首、手首、足首を出すことで、抜け感が出て軽やかになりますよ。足を出すのに抵抗があるなら、タイツを履いても◎ 配色はスニーカーの色に合わせたモノトーンでカッコよく決めるといいでしょう。

上品なイメージがあるマキシ丈スカート。ついフェミニンな靴を合わせがちになることもあるのではないでしょうか。今回は春の軽やかさを出すために、スニーカーを使ってみましょう。たちまちマキシ丈スカートがカジュアルダウンされて、大人可愛いコーデになりますよ。また、チェックシャツとも相性抜群です。

冬の間、大活躍だったであろうブラックスニーカー。これも春コーデに使えちゃいます。ブラックはコーデを引き締める効果もあるので、ホワイト系のトップスに合います。さらに、デニムを合わせることで、カジュアルさをプラス。親しみやすいブラックスニーカーコーデになりますよ。

元気で明るい印象を与えるイエロー。春には持って来いのカラーですよね。ブルー系のデニムなどと合わせれば、活発なイメージを与えられますね。一方、優しいイメージを与えたいなら、肌になじむキャメル系を使うのがベスト。同系色に見えなくもないですが、イエロースニーカーが春っぽく、キャメル系が上品にコーデを仕上げてくれます。

可愛らしい印象を与えるレッド系スニーカー。春コーデに使うには、くるぶしと足首を出して軽やかさを引きだすことがポイントです。さらに、レッド系スニーカーの可愛さを生かすために、ボーイッシュなMA-1やフーディー、スキニーパンツを合わせるとクールで可愛いギャップが生かされるでしょう。

ネイビー×ホワイトの組み合わせは、好感度が上がる配色のひとつです。そこに、ライトブルーのスニーカーを合わせることで、爽やかな春コーデになりますよ。もちろん、ネイビーやブラック、ホワイトのスニーカーでも代用できますが、爽やかさを高めるには断然ライトブルーのスニーカーが使えると思います。

春といえば、トレンチコートが大活躍する時期ではないでしょうか。定番のベージュ系トレンチコートに合わせるなら、ネイビー系のスニーカーがおすすめです。コーデを引き締めるなら、ブラックの重めなイメージより、ネイビー系のちゃっかりしつつ親しみやすい色合いの方が、春コーデにはしっくり来ることでしょう。さらに、ネイビー系はそこまで主張しない色合いなので通勤にも使えます。

昨年から人気の高いグレー系スニーカー。実は清楚な春コーデにも使えちゃうんです。人気のホワイト系スカーチョと絶妙なバランスを引き立てます。さらに、マリンテイストにも使えるグレー系スニーカーは、春だけでなく夏まで履ける万能アイテムです。

まっさらなホワイト系スニーカーは、一気に軽やかさをプラスできるアイテムです。シンプルコーデにも使えるホワイト系スニーカーですが、春から初夏にかけて着られることの多いデニムワンピやデニムサロペットに、それを合わせてみましょう。一気に爽やかさも取り入れることができますね。

レッド系スニーカーは甘辛コーデと相性抜群です。トップスやアウターはガーリーに、パンツはダメージ加工のデニムを合わせると、レッド系スニーカーのカジュアルで可愛いポイントが引き立ちます。女子会やデートなどの気分も上げてくれることでしょう。

軽やかなイメージを与えるホワイト、スカイブルーですが、ブラック系スニーカーを使えば引き締まりますよ。ネイビー系でも応用が出来ますが、カッコいい印象も付け加えるならブラック系スニーカーをおすすめします。さらに、キャメル系のバッグともバランスが取りやすいですね。

出典i0.wp.com

グレー系スニーカーはブラックやネイビー同様、どんなコーデにも合います。例えば、春ニットとスニーカーの色を合わせることで統一感を出してみるのもいいでしょう。グレー系と言っても、ライトグレーであれば春の軽やかなイメージを与えることができます。さらにデニムとの相性もよく、背伸びしないナチュラルコーデを楽しめますね。

どんなテイストにも使えるスニーカーコーデにあなたもチャレンジ✫

1