1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

南海トラフ地震で145万世帯余りが流出…シミュレーションが凄い

文部科学省の委託研究チームが南海トラフ地震想定した被害試算を公表し話題に…現状と今後の動きが気になります。

更新日: 2017年03月13日

82 お気に入り 312398 view
お気に入り追加

南海トラフ地震が発生した場合の試算が公表される

大阪や名古屋は震度6強以上の揺れに、太平洋沿岸は30メートル以上の大津波に襲われると想定されている。

達するとの試算を、文部科学省の委託研究として東京大や名古屋大の研究チームがまとめた。

東日本大震災の際には同じ自治体内も含めて約33万世帯が転居したが、それを大きく上回る恐れがある。

広井悠・東大准教授(都市防災)らのシミュレーションによると…

南海トラフで起こる地震の中でも、東海地方が大きく被災したケースを想定。

246の市区町村のおよそ145万6000世帯が流出するおそれがあることがわかりました。

流出する世帯数で見ると、最も多い愛知県がおよそ22万7000世帯、静岡県がおよそ18万8000世帯、高知県がおよそ14万6000世帯などとなっています。

海上保安庁も海底の監視強化へ

海上保安庁はこの地震のメカニズムを解明しようと、海底の動きの監視を強めている。

この南海トラフで去年、地震を引き起こす地殻の「ひずみ」が広い範囲でたまっていることが分かりました。

そもそも「南海トラフ」とは?

四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝(トラフ)のこと。

フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込む場所。南海地震、東南海地震の発生が懸念されている。

この南海トラフ地震の試算公表のニュースはネットでも話題に

南海トラフにおける地震が発生した場合に約145万世帯の避難が見込まれるってやばくない?

南海トラフで心配な場所に住んでいる知り合いが大勢いるから本当どうなるの不安がやまない

、、 南海トラフ地震 対策について 、、、、 なんかいいアイデアある?

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう