1. まとめトップ

本気で姿勢矯正を考えてみた!2017年度パーソナルジムへ通うならここ!

今回は姿勢矯正に関してのまとめとなります。最近、私自身が気になっています(笑)私と同じような悩みを抱えている方も参考にして頂ければと思います。

更新日: 2017年03月14日

0 お気に入り 2001 view
お気に入り追加

姿勢ってどうして悪くなるの?

私もそうですが、姿勢って人に言われて初めて気がつく方が多いのではないのでしょうか?
「猫背だなー」とな「もっと胸張って顎は引いて」みたいな感じで人から言われた事がある人も少なくないのではないでしょうか。
そこでまずは姿勢が歪んでしまうメカニズムからお教えします。

姿勢が悪いって言っても多種多様でありますね。
いつも仕事でデスクワークばかりになり勝だったり片足に負荷をかけるなどその人の癖から姿勢が悪くなるケースが多いようです。

・片脚に体重をかけて長時間立つ癖がある

・座っている時に脚を組む

・ずっと携帯やパソコンの画面をのぞき込むように見る

などの不良姿勢をとり続けることで、このS字カーブが崩れてしまします。
猫背などの悪い姿勢はこのS字カーブの崩れによっておこるのです。

姿勢矯正をしよう!①日々の習慣を改善しよう!

正しい姿勢が出来るならもうやってるよ!や正しい姿勢は疲れるでしょ!という方も多いと思いますが、実は正しい姿勢は簡単に身につくし正しい姿勢である方が疲れないのです。

大きく4タイプに分かれます。
まずは自分の状態がわかると姿勢の改善もしやすくなります。
ちなみに私はCでした(笑)

骨盤のゆがみが解消されていくと体の重心が安定し、それに伴い姿勢も矯正されていきます。
美しくキレイな姿勢は、身体機能だけでなくメンタル面へも大きく影響します。

「正しい姿勢」の見つけ方
自分にとっての「正しい姿勢」の見つけ方は、とても簡単。床の上に膝立ちになってみてください。
足裏より体幹に近い膝で体重を支えると、スッと自然に背筋が伸びて、きれいな姿勢になります。その感覚を身体で覚えましょう。

「正しい姿勢」の感覚が掴めたら
普段の生活の中で、その姿勢をできるだけキープするよう心がけましょう。といっても習慣になるまではなかなか難しいと思います。
でも大丈夫。「猫背になっているな」と気づいたら、その時点で正しい姿勢に戻ればいいのです。そのちょっとした努力を積み重ねていくうちに、いつしか「いい姿勢」が普通になっていきます。

パッと姿勢を整える簡単なコツ
膝立ちの感覚を瞬時に思い出せなくても、比較的それに近い姿勢をとるコツがあります。それは、
立っているとき、座っているときなら「胸を張り、骨盤を立てる」
歩くときなら「みぞおちから足が伸びているようにイメージする」

姿勢矯正をしよう!②ストレッチ専門店へ通おう!

実は最近、私が一番力を入れて取り組んでるのがジムに通って姿勢を治すということ。
私のオススメのジムをいくつか紹介するので参考にしてみてください!

特にDr.ストレッチのスタッフさんは、何かしらのスポーツやダンスを経験していた人が多いため、あなたと同じスポーツを経験していた人に当たることもあるかもしれません。

その場合は「疲労しやすい筋肉」や「柔軟性が重要な箇所を」把握しているため、ストレッチの効率も大幅に上がります。

姿勢矯正をしよう!③姿勢矯正アイテムを使おう!!

最近は便利なアイテムも多く出てます。
便利な姿勢矯正アイテムを紹介します。

まとめ

今回、姿勢矯正に関してまとめました。
日々の生活習慣の改善からストレッチジム、矯正アイテムの紹介等させて頂きました。
皆さんも参考にしてみてくださいね。

1