1. まとめトップ

サウジアラビアの贅沢三昧の王室!?

サウジアラビアの財政が悪化。石油に頼る政策からの脱却のため、日本の企業誘致と投資ファンドでの来日であったのが。その国王の同行人数は800名。贅沢すぎる滞在費に理解に苦しむ!

更新日: 2017年03月27日

heikinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 7354 view
お気に入り追加

◆サウジアラビア国王46年ぶり来日

同行人数が1000名だとか・・・

超超超大金持ちだとか・・・

贅沢三昧の国王だとの事

だが、来日目的は裏腹の内容である

今、サウジアラビアの財政が悪化との事で石油に頼る政策には限度があり、そこで日本の企業誘致と投資ファンドでの来日との事だそうだ

それならば、贅沢三昧の行動をとるのかと理解に苦しむのだ

サウジアラビア国王来日に・・・一言! - 世直し奉行
http://blog.goo.ne.jp/yonaosikun/e/20c8afede5244e2c136c892db14d1d26

『サウード家が支配するアラビアの国』

という意味なんだそうです。サウード家というのは国王の一族です。国名に支配者の名を冠しているのはこのサウジアラビアとヨルダンくらいで、このことから言っても一般的な国家観を当てはめるのは難しいと言われています。

サウジアラビアにはイスラム教の聖地であるメッカがあることで有名ですが、首都はリヤドというところになります。
リヤドは現在でこそ人口が500万人を超える都市になっているものの、100年ほど前にはまだ地元の部族が細々と暮らす小さな村だったそうです。リヤドに限らず、この地方は砂漠のオアシスを生活拠点にした部族が地道に生きていた場所でした。

それが大量の油田があることがわかって以降、状況が一変します。莫大なオイルマネーが国を潤し、王族は世界でも有数のお金持ち一族になったのです。

バカンスの期間・費用は?

バカンスに同行した人数は約1,000人、ハイヤーも400台で滞在。別荘から海岸に降りる為のエレベーターも建設。これだけの人数のため、カンヌの高級ホテルも満室になったそうです。

滞在期間は3週間に及び、わずか3週間で6,800億円も使ったようです。1日あたり300億円以上使った計算になります。

サウジアラビア国王が贅沢バカンス?日本円で6800億円使った?
http://okanenokyuukyuusha.com/saujiarabiakokuou-zeitaku/

日本の皇室と比べるととあまりにも差が

皇室は戸籍がないため、保険にも加入できません。宮内庁病院を利用すれば皇室は無料ですが、最新の医療技術が整っているわけではないので、宮内庁病院で手に負えない病気になると一般の病院で治療するため高額となります。宮内庁病院は老朽化が進んでおり、雅子妃殿下がご出産のために入院されたとき、米紙は「設備がボロボロ」「なぜロイヤルベビーが質素な病院で生まれなければならないのか」と報じたそうです。

食事もごく普通の家庭料理を召し上がり、食材も御料地の牧場と築地の水産会社から仕入れます。高級食材など購入するゆとりはありません。毒見役というのはいません。侍医や調理スタッフが味付けや栄養素に問題がないかチェックする程度です。御用達制度は悪用、乱用する者が現れたからできた制度で、昭和29年に廃止されています。

どうして天皇家が質素な生活(ペットは皇居に迷い込んだ ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1116729036

1





heikinさん

会社員です。興味あることをつらつらと。