1. まとめトップ

【Youtube/ニコ動】著作権にひっかからない方法【歌ってみた/生放送/演奏】

自分は著作権守りたいけど、何が著作権に引っかかるのか分からない・・・歌ってみたや生放送で音楽を使う時に問題のない方法をまとめました。

更新日: 2017年03月13日

0 お気に入り 21132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

演奏してみた、はほとんど問題なし!

JASRACと許諾契約を締結しているサイトであれば、動画の投稿者が個別に許諾を得なくても、JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロードすることができます。

Youtube、ニコ動、ツイキャス、UstreamはJASRACと包括契約を結んでいるのでJASRACの管理楽曲、つまり日本のプロの殆どの曲は使えます。Youtubeはだいたいの海外楽曲も大丈夫です。

歌ってみた、生放送の場合はCD音源を流さなければとりあえずOK!

歌ってみたや生放送のBGMで音楽を使う場合、CD等の原曲音源は著作隣接権という別の法律に引っかかるため使えません。
ネット上にアップするものや生放送で原曲や原曲のカラオケ伴奏を流すのはダメです。

ただし、カラオケの音源も使えない

カラオケBOXなどで、撮影・録音した動画・音声を正式な許諾を得ないまま動画共有サイトにアップロードを行ったり、生放送サービスなどで配信したりしてはいけません。

カラオケの伴奏を使うのもダメです。DAMも同じ。

何が使えるの?

○ 自身で演奏したもの
○ 自身の演奏に合わせて歌唱したもの
○ 自身で制作したMIDI

つまり、伴奏は自分で作ったものかフリー音源じゃなければダメということです。

Youtubeやニコ動、ツイキャスでカラオケ生放送やCD伴奏音源を使った歌ってみた動画が沢山ありますが、実は違法です。

歌ってみたをやりたい場合には、アマチュアの人が作ったVOCALOID曲などの中で歌ってみた用にオフボーカルが公開されているものを使うのが一番無難です。

動画アップに使えるカラオケ音源のあるサイト

他、ボカロPの場合には作者のホームページにある場合が多いです。
連絡不必要で動画使用OKと書いていない場合には、メールで許可を取りましょう。

ボカロP以外でも、アマチュア作者の方は本人に許可を求めればOKしてもらえることも多いので、連絡して交渉してみましょう。

ニコ動とUstreamではCD音源が使える曲もある

他、演奏してみた、の人に交渉してオブボーカル音源をもらう、自分で作るなど

「自作カラオケ」などで動画サイトで検索すると出てきます。

オフボーカルの演奏してみたを探すのは大変ですが、人気曲や強いファンがいるアーティストだと見つかることもあります。

1