1. まとめトップ

レトロかわいい!映画「ヘアスプレー」から読み取る60年代ファッション

『ヘアスプレー』(原題:Hairspray)は、2007年制作のアメリカ映画。1988年のジョン・ウォーターズ監督のオリジナル同名映画を元にした2002年のミュージカル劇の映画化。(wikiより)この作品の衣装に注目してみました!日々のファッションの参考になるかも、、?

更新日: 2017年03月13日

9 お気に入り 35549 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chanmoe11さん

「ヘアスプレー」はこんな映画!

映画基本データ
タイトル:ヘアスプレー(原題:Hairspray)
製作年:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:117分
監督:アダム・シャンクマン
衣装:リタ・ライアック
ヘアメイク&ウィッグ:ジュディ・クーパー=シーリー
主な出演者:ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、ザック・エフロン他

ちなみに、、、こちらが最新版!

たびたびリメイクもされており、最近では2016年12月にTV版が放送されたばかり!アリアナ・グランデも出演していたようです。

映画の時代背景・場所

1962年…黒人などマイノリティへの差別撤廃のための公民権運動が頻繁に起こった時代。映画の中でも人種で区切られたダンスパーティの会場や人種差別反対デモなどが出てくるなど、最大のテーマとなっています。

ボルチモア…アメリカ・メリーランド州に位置する都市。人口の半数以上がアフリカン・アメリカンでスラム街なども存在し、人種の問題がたびたび起こっていました。

まずは、、、主人公トレーシーのファッションに注目!

ぽっちゃりだけど元気でかわいらしいキャラクター。
演じるニッキー・ブロンスキーは、コールド・ストーンでアルバイトをしていましたが、この映画のオーディション募集を見て挑戦、1主役に抜擢されました!

トレーシーの基本のスタイルはブラウスに膝丈のスカート、洋服と同色系のカチューシャ、そして大きく膨らませた髪型!そこから経済的余裕はないものの、精一杯おしゃれを楽しんでいるということが分かります。他の女学生がカラフルに着飾っている中、トレーシーのスタイルはシンプルで、彼女の飾らない性格を表しているといえるでしょう。

ちょっと面白い感じになっちゃってます

こんなキラキラもアリ?

次はトレーシーの親友、ペニーの衣装を見てみよう!

アマンダ・バインズ演じるペニー

トレーシーの親友、ペニーの基本スタイルは、暗い色づかいのチェックのワンピースとツインテール!彼女は厳格な母親の影響であまりおしゃれをさせてもらえず、髪型もツインテールで幼いイメージ。
最後のシーンではドレスでがらりと印象が変わりますが、そのドレスも彼女の部屋のカーテンで作ったという設定(すごい!)で、裾にはカーテンのリングの装飾があり、彼女らしさが表れています。

よく見ると裾がカーテンです!

当時の最新スタイルはこれだっ!

コーニー・コリンズ・ショーに出演するアンバーやリンクたちのファッションでは、60年代のおしゃれに敏感な若者が表現されています。男性は細身のスーツ・ネクタイを身に付けており、濃い色や光沢のある素材が使われていて、当時流行したアイビー・テイストも取り入れられています。特にリンクはエルビス・プレスリーがモデルになっているようです。

リンクを演じたザック・エフロンはこの役のために体重を増やしたとか、、

シーウィードたちアフリカ系学生のファッションも流行のスタイルです

ちなみにこれが「アイビースタイル」らしいです

エルビス・プレスリーはこんな人!今見てもカッコいいですね!

女性はパステルカラーのワンピースにペチコート、パールのネックレス、足元は踊れるようにバレエシューズで、大きなスカートが印象的なガーリーなスタイル。アンバーはサンドラ・ディーやラナ・ターナーなどの当時のスターがモデルになっているそう。

グリーンが効いてますよね!

こんなキレイめなスタイルなら真似できそう?

1 2