1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

世界一過酷な場所!?地球とは思えない絶景だらけの≪アタカマ砂漠≫

チリのアンデス山脈と太平洋の間にある≪アタカマ砂漠≫には地球とは思えないような光景が広がっています。◆南米/秘境/死ぬまでに行きたい/インスタ映え/SNS映え/絶景/フォトジェニック

更新日: 2017年09月17日

108 お気に入り 47328 view
お気に入り追加

アタカマ砂漠とは!?

アタカマ砂漠(Atacama Desert)は、チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られている。

東西の幅は平均160kmに満たない一方、南北の広がりは1000kmあり長大な盆地状をなす。

アンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため世界でも最も乾燥した砂漠であり、40年間まったく雨が降らなかった地域もある。

まるで月面のような世界

月と言われても信じてしまうような風景が広がっています。

ミネラルが噴出して雪が降ったかのようにあたり一面の銀世界、岩のように見える塩の結晶など多彩な風景を楽しめます。

世界一美しい星空

世界一乾燥した土地と標高2000mを超える高地という条件が重なり、空気がキリッと澄み切ったこの環境は、綺麗な星空を眺めるのに絶好のポイントとなっています。

他の惑星にいるような美しすぎる星空を眺めることができます。

日本では眺めることのできない南十字星や大マゼラン星雲ほか、数え切れないほどの星座が所狭しと広がる景色は圧巻の一言。

世界一高い温泉

間欠泉内にある温泉では世界でも最も高い場所での入浴ができます。

世界第二位の塩湖

3,000平方キロメートルの広さがあり、長さ約100キロメートル、幅80キロメートルにおよぶ。 ボリビアのウユニ塩原に次ぎ世界で2番目の大きさ

アタカマ塩原のリチウム埋蔵量は全世界の27%にも及ぶそうです。

アタカマ塩湖内にはセハ湖という死海よりも塩分濃度が高い40%もの濃度の湖があります。

1 2





日本や世界の行ってみたくなるような絶景やホテル・旅館を中心にまとめていきます。