1. まとめトップ

感動のあまり会場が静まり返る…寺田心くんがやっぱり大人顔負けだった

映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」の原作者 サルー・ブライアリー(35)の来日を記念したトークショーが13日東京・港区で行われ、子役の寺田心(8)が登壇した。

更新日: 2017年03月14日

1 お気に入り 20649 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○天才子役の寺田心くん

素朴かつしみじみとしゃべるところが“かわいらしい”と評判になり、ブレイクした。

3歳から芸能活動を開始。ドラマ『とんび』(TBS系)で内野聖陽が演じる役の幼少期や『ホテルコンシェルジュ』などに出演。

○最近では、大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演

子役の寺田心(8)が、1月8日スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、井伊虎松(いい・とらまつ)役で出演

直親の嫡男、のちに徳川家康の重臣の井伊直政(菅田将暉=23)となる幼い虎松(寺田心=8)

虎松は、直親(三浦春馬)の嫡男で、父亡き後、後見人となった直虎(柴咲コウ)に育てられる。

○完璧な食レポを披露し、加藤浩次に突っ込まれた過去もあるが…

「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、子役・寺田心の食レポに辛辣な言葉を連発した。

加藤は続けて、寺田はこういうキャラになってると指摘した上で、「ここまで求めちゃうからなぁ、大人がな」「大人が悪いな、これは」と言い放っていた。

○今回も、大人顔負けな真摯なコメント

映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」の原作者 サルー・ブライアリー(35)の来日を記念したトークショーが13日東京・港区で行われ、子役の寺田心(8)が登壇した。

イベントには同氏も現在居住している豪州から初来日し、寺田とトークを展開した。

○大人顔負けの感想を述べると会場からため息

この映画はインドで5歳の時に迷子になったサルー・ブライアリー氏(35)が「Google Earth」を駆使し、25年ぶりに家族と再会するという実話がモデル。

映画を見たという寺田は「僕ならどうするだろうと思うと、胸が苦しくなります」。

心くんがゲスト出演し「この映画を通してもっと世界のお友達のことを知りたいと思いました」と大人顔負けの感想を述べると会場からため息が。

○「立派な大人になりたいです」と誓った心くん

また、同作のモデルとなった豪州在住のサルー・ブライアリー氏(35)が「5歳で1人になりましたが、前に進もうと思い危険を乗り越えていきました」と数奇な運命を振り返る

心くんは「将来はサルーさんのようにどんなときもあきらめずに、頑張る立派な大人になりたいです」と誓った。

子役サニー・パワーの演技に触れて「サニーくんの演技、すごいですね。僕はもっともっと勉強しないとダメです」と大人びた表情で、同じ天才子役を称賛しきり。

○このニュースはネットでも話題になっています

1 2