1. まとめトップ

【集客・繁盛】飲食店経営者・店主さん必見!! ◯◯が未来を左右する!

飲食店・オーナーさんを対象にした集客コンサルタントを行っています。良い◯◯があるだけで、グルメサイト・HP、SNSなど様々な媒体での集客、インバウンド対策もできます。飲食店経営者の方々は参考になさって下されば幸いです。

更新日: 2017年03月16日

0 お気に入り 775 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ooizumiさん

開業3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度

廃業率は非常に高く、1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しているというデータもあります。さらに、開業3年では約7割が廃業し、10年後も営業している飲食店はわずか1割程度と言われています。つまり、「どんどん新店舗がオープンする一方、どんどんつぶれている」のが、飲食業界の実態です。

業種ごとでもマチマチ

飲食店が実施する集客方法

集客の方法はいくつもありますね。少しご紹介します!

歩行者を呼びこむのに最も有効な手段が、店舗の外装であですね。

今日のオススメ食材や、スタッフさんの好きなメニューなど、切り口は色々ありますね。
またFacebookでクーポンを発行したり、予約を受けつけることもできます。しかもコストは全くかからないです。

RETTY(レッティ)・・ヘビーユーザー層は30〜40代の男女で、 「新宿の合コンで使えるオシャレ居酒屋11選」など、面白いコンテンツを随時発信しているため、口コミの拡散も多い。

TERIYAKI・・お店の紹介に有名人(テリヤキスト)を使っているところが面白いです。

@LUNCH・・一般人のレビュアーが、ユーザー目線で紹介をするというのが特徴です。

食べログ・・会員登録は無料だが、月額25,000円と35,000円のプランがある。

ぐるなび・・エントリー会員プランは無料、ビギナー会員プランは年間 120,000円

これらすべてに共通すること、それは、、

写真が使われていること!

集客にはやはり「美味しそう」な写真が必要!

繁盛している飲食店が必ず持っている物。
それは、料理や店舗の魅力的で高品質な写真です。

お客様が、料理写真で「美味しそう!」「食べたい!」という気持ちを掴むことで、来店数が増え、注文する料理の種類や数が増えて、売上に繋げることができます!

飲食店にとって写真は、宣伝において最も大切と言っても過言ではありません。

飲食店の命です。絶対にこだわってください!プロに頼んだ方が賢明です。

料理撮影専門のカメラマン紹介

飲食店を例にしても、居酒屋・カフェ・お寿司・イタリアンなど様々。
みなさん自分のお店の料理に自信を持って提供しまいます。

「イタリアンやってましたけど、お寿司もはじめました」ってなかなかないですよね。笑

カメラマンも同様に、ブライダル・報道・人物・風景・料理など、得意としているジャンルが様々です。
「カメラマンだから撮れるでしょ!?」っとブライダル写真専門の方に、料理撮影を頼むことは無謀です。

中でも料理撮影は、光の調整・料理の見え方・撮影スピードなど技術が問われる難しいジャンルです。せっかく撮影をお願いするのであれば、料理撮影を専門としたカメラマンに依頼することを、強くオススメします。

<北海道>料理写真撮影専門カメラマン

<東北地方>料理写真撮影専門カメラマン

<関東地方>料理写真撮影専門カメラマン

1 2