1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Petrenko83さん

サルゲッチュ 【アーカイブス版:あり(PSP不可)】

ブサカワなピポサルたちを捕まえる3Dアクション。

ただサルを捕まえるだけでは無く、基本的な作りは「マリオ64」のような3Dアクションとなっています。

ステージは1本道では無く、3D箱庭空間を自由に動き回り、指定された数だけサルを捕まえればクリアとなります。サル以外の敵やトラップもあるので注意!

各ステージは、見た目も構造もバラエティに富んでおり、後半になるほど広く、ギミックも複雑になっていきます。それに伴うように使用できる道具も増えていくため、常に新鮮な気持ちで楽しむことができます。

※プレイにはアナログスティックが必須です。スティックを酷使するのでコントローラーを壊さないように

公式PV

PSP版でリメイク版あり。グラフィックが向上していますが、一度に所持できる装備が4個から3個に減っているなど劣化してる部分もあります

クラッシュ・バンディクー 1,2,3【アーカイブス版:あり(Vita不可)】

PS1ゲームを代表する奥スクロール・アクションゲーム。

3Dグラフィックを採用しながら、洗練されたシンプルな操作で取っつきやすく、各ステージには多彩な仕掛けや演出が盛りだくさんで、プレイヤーを飽きさせないように様々工夫が凝らされています。

現在でも十分通用するクラシック・アクションの傑作です

PS4で1~3がセットになったリメイク版が発売中!
ゲーム性はそのままに、グラフィックを大幅にパワーアップしているそうです。また、1作目のセーブシステムが改善されているほか、妹の「ココ」をプレイヤーキャラとして使用可能

PS1版をやる場合は「2」が個人的にオススメ。

PS4リメイク版トレイラー 
日本では「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」というタイトルで発売中!
PC版とSwitch版も2018年内に発売予定!

PSP(アーカイブス版)での操作性:非常に良い。
3作とも、L2,R2は使用しません。

クラッシュバンディクー3は、タイムアタックモードでのみR2を押すとダッシュすることができます。普通にプレイする分には問題ありませんが、タイムアタックもやりこみたい人は注意

風のクロノア 【アーカイブス版:あり】

何もかもカワイイやさしい雰囲気のゲーム。カンタンすぎず難しすぎずな、ちょうどよい難易度

操作は「十字キー・□ボタン・Xボタン」しか使わない非常にシンプルなものですが、奥が深いです。敵を持ち上げて投げたり、ふんづけて二段ジャンプして、仕掛けを解いていこう

ゲーム性は2Dアクションですが、マップは3Dで描かれています。各ステージはバラエティに富んでいて、見た目の美しさも十分です。カメラワークや演出面も凝った作りで、視覚的にも楽しめます。BGMもGood!

雰囲気やストーリー重視な作りになっており、物語は感動的で、意外性もあります

シンプル操作で、やさしい雰囲気のゲームが遊びたい方にオススメ

PSP、Vitaでの操作性:非常に良い
L1~2、R1~2は使用しません。

Wiiにリメイク版がありますが、主人公がほとんどしゃべらなくなったりと、演出面やストーリー面でいろいろ変更がなされているため賛否両論。

サイレントボマー 【アーカイブス版:あり】

爆弾を設置して戦うアクションゲーム。

爆弾で戦うゲームと聞くとテンポが悪そうに感じるかもしれませんが、主人公は機動力が高く、遠距離にも爆弾を設置できます。設置した爆弾はプレイヤーの好きなタイミングで起爆可能。

敵を誘い込んでから爆破させるといった戦術から、自分から突っ込んで破壊しまくるというシューティングゲームのような爽快感も味わうことができ、アクションゲームとして十分楽しめる作品となっています。

爆破エフェクトと効果音はド派手で、今遊んでも最高の爽快感を味わえます。操作もシンプルで遊びやすい!

ダサすぎなパッケージで損をしている不遇の名作。

ミッション1のプレイ動画 1:06からゲームスタート

PSP、Vitaでの操作性:非常に良い。
L2, R2 は使いません。ゲーム内オプションで自由にボタン変更可能。

ロックマンDASH 《アーカイブス版:無し》

ゲーム性はこれまでのロックマンとは一線を画するもので、街やダンジョンを探索したり、お金をためて装備を強化したり、人々と会話したりサブクエストをこなしていくというRPG要素があるのが本作の特徴です。

今のオープンワールドと比べたらマップは狭いですが、密度・濃度は高め。イベントやアクティビティ、探索要素が多いです

アニメ映画のような良質なストーリーも本作の魅力で、豪華声優陣が演じる個性+表情豊かなキャラクターたちによって描かれるムービーは、いま見ても古臭さをあまり感じさせません

初めは操作が難しいかもしれませんが、慣れればなかなか楽しめます。ロックオンとクイックターンを上手く使いましょう

PSP版あり。DL版であればVitaでもプレイ可能。基本的な内容はPS1版のままですが、字幕の追加、一部の重要でないテキストの変更(モブのセリフ、アイテムの名前など)、視野が広くなっているなどの変更点があります。操作はPSP向けに遊びやすいように変更されており、画面解像度も上がってるので若干画質がUPしてます。

エアガイツ 【アーカイブス版:あり】

本来は格闘ゲームですが、面白いのは「ブランドニュークエスト」というおまけモードです。ボリューム満点で、このモードだけでも価値があります。

このモードは、ダンジョン内を敵を倒しながら探索し、武器や防具などを集めてキャラクターを強化していくという「不思議なダンジョン」のようなゲームなのですが、その中でもアクション性が高いのが特徴。今でいうハクスラです。

難易度が高く、説明書やゲーム内での解説は最低限のことしか教えてくれないので、Wikiを読むと円滑にプレイできます。

重大なバグがありますが、発生条件を事前に調べておけば問題ありません。

プレイ動画

PSP、Vitaでの操作性:良い。
L2とR2でアイテムスロット(ポシェット)のカーソルを左右移動。

特定の場所でしかセーブできないため、時間が無い人はPSP、Vitaで遊んだほうが良いかも。

オメガブースト 《アーカイブス版:無し》

ロボットが主役の360度3Dアクションシューティング。マシンガン・ミサイル・ブーストを駆使して、華麗に敵を殲滅しよう!

ド派手なゲームプレイとは裏腹に、シンプルな操作体系で取っつきやすく、誰でも華麗にロボットを操ることができます。慣れてくればエースパイロット気分に浸ることができるでしょう。

操作が楽だからと言って低難易度というわけでは無く、簡単にはクリアできない難易度になっているので、手ごたえも十分です。

ステージ2 プレイ動画

バイオハザード2 【アーカイブス版:あり】

ファンの間でも人気が高く、旧作ながらシリーズ歴代売り上げ3位にもランクインしている名作です

ただゾンビを倒していくゲームでは無く、時には敵から逃げたり、少ないアイテムをどうやりくりするか考える「リソース管理」や「状況判断」が求められるサバイバルホラーです

独特の「ラジコン操作」は操作性が良いとは言えませんが、逆にそれが「ゾンビに襲われる」というゲーム内容とマッチしていて、プレイヤーにつよい恐怖感と焦りを与えます

前作と比べて難易度が抑えられているので、旧作バイオ初心者にもオススメです。前作を知らなくても物語を理解できます

2つの長編シナリオと豊富な隠し要素などがあり、ボリューム満点

プレイ動画。ゲームが始まるのは5:06あたり
残酷な描写あり

PSP、Vitaでの操作性:非常に良い。
このゲームは L2, R2 ボタンを使いません。
セーブできるタイミングが少ないため、時間が無い人はPSP、Vitaで遊んだほうが良いかも。

ミニゲームなどの追加要素がある「デュアルショック版」というのがありますが、アーカイブス版は通常版なので注意!!まあ、通常版でも大ボリュームです。

ちなみに、本作のリメイク版の発売が決定しました。発売日は2019年1月25日(PS4/XboxOne/PC)

ディノクライシス 【アーカイブス版:あり】

バイオハザードのような「ラジコン操作」を採用した恐竜サバイバルホラー。

恐竜たちはゾンビ以上にタフで、素早く、攻撃力も高いです。手に入る弾も少ないため、撃ちまくるとすぐに弾切れになります。そのため、いかに敵を「避ける」かが重要になります。

麻酔弾で眠らせたり、シャッターを下ろして遮断したり、銃撃で怯んだ隙に逃げるなど工夫が必要で、バイオ以上に「サバイバル性」が高くなっています。謎解き要素もあります。

難易度の高い作品ですが、ゲーム進行に必要なキーアイテムのみ無制限に持てたり、死んでもコンティニュー(30回まで)ができるので、個人的にはバイオより遊びやすかったです。

海外版トレイラー

PSPでの操作性:びみょう
R2ボタンでクイックターン(180度旋回)。

クイックターンが押しづらい。バイオと比べ敵が素早いので、使用頻度高め。まあ、使わなくてもクリアできるかもしれませんが、操作にストレスを感じるかも

ディノクライシス2 【アーカイブス版:あり】

撃ちまくりゲーとなったディノクライシスの続編。

バイオ風なラジコン操作なのは変わってませんが、本作では「1」でやられたおかえしと言わんばかりに恐竜を撃ちまくります!弾薬の心配も無用でセーブポイントで購入可能。

撃ちまくれるとはいえ、決してヌルゲーというわけでは無く、多方向から次々と恐竜たちが迫ってくるので油断はできません。それでも前作よりは難易度低め。

高い爽快感を味わえる、純粋なアクションゲームとして楽しめる作品になっており、ホラー感や謎解きといった要素は少なくなっています。

1をやったことがない人にもオススメ。

残酷な描写あり

PSPでの操作性:びみょう
R2ボタンでクイックターン(180度旋回)。L2ボタンでマップ。

クイックターンが押しづらい。初代よりも戦闘がさらに忙しくなっているので、操作にストレスを感じるかも

オプションのKEYCONFIGで、「ステップ」をONにすると Xボタン+方向キーで「サイド/バックステップ」が使えます。(デフォルトでOFF)

1 2