1. まとめトップ

ママチャリタイプばかりじゃない!“おしゃれ”“かっこいい”な電動アシスト自転車

電動アシスト自転車といえば“ママチャリタイプ”が主流でしたが、昨今おしゃれでかわいいタイプ、かっこいいスポーツタイプの電動アシスト自転車が各メーカーからラインナップされ、選びやすくなりました。

更新日: 2017年03月15日

3 お気に入り 55730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oretokuさん

高性能ロードバイクからファッション性の高いタイプまで揃い踏み

ママチャリタイプばかりだった電動アシスト自転車ですが、このごろでは、本格高性能ロードバイクから、よりファッション性の高いおしゃれなタイプまで、メーカーより様々なタイプがラインナップされるようになりました。その一部をご紹介します。

YPJ-C | ヤマハ

フレーム基本形状や搭載ドライブユニット(PWユニット)はロードバイク「YPJ-R」と共通ながら、様々な走行シーンをカバーするギヤ比のワイドレンジ化、リラックスした乗車姿勢をとることのできるフラットバーハンドルとエルゴノミックグリップ、快適性を重視した太めのタイヤなどを装備し、ビギナーや女性など、気軽にスポーツライドを楽しみたい方にも使いやすい仕様としています。

YPJ-R | ヤマハ

第一弾となる「YPJ-R」は、ドライブユニットやバッテリーの存在感を最小化するデザインや高い趣味性、スポーツ自転車としての高い走行性能を備え、電動アシスト自転車でありながら自転車本来の走りの楽しさ(爽快感)を具現化した新感覚のロードバイクです。電動アシストのメリットを、発進・加速からスムーズに巡航領域につなげるために生かし、「楽するための電動アシスト」から「より楽しむための電動アシスト」への価値の転換を図りました。

PAS Brace | ヤマハ

「PAS Brace」は、スポーティなアルミ製ダイヤモンドフレームに、フロントサスペンション、フロントディスクブレーキ、内装8段変速機を搭載し、通勤や週末のサイクリングなどの長距離走行も快適に楽しめる本格派スポーティモデルです。

PAS VIENTA5 | ヤマハ

「PAS VIENTA5」は、スポーティかつトップチューブが低く乗り降りしやすいフレームに、快適で爽快感ある街乗りを楽しめる内装5段変速や、通勤や買い物などにも使いやすいサークル錠を採用するなど、スポーティなデザインと実用性を両立させたスポーティカジュアルモデルです。

BP02|Panasonic

昨今、電動アシスト自転車も多様なモデルが発売されている中で、「BP02」は乗ること自体を楽しめるクルーズする電動アシスト自転車がテーマ。小型大容量バッテリーを搭載した機能面だけではなく、ゆったり乗れるハンドルやパーツを採用することでデザイン性も兼ね備えました。

Hurryer(ハリヤ)|Panasonic

セミスリックタイヤにフロントサスペンション、軽量フレームなど、オンロードからオフロードまで軽快に走れる高機能こそ、大人にふさわしい。

HUMMER AL-ATB267E Assist|GIC BIKE COLLECTION / ジック株式会社

マウンテンバイクタイプの電動アシスト自転車。

ATBタイプの電動アシスト自転車。アルミフレーム、26インチ、7段変速、フロントサスペンション搭載。

1 2