1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またかよ。新入国禁止令も差し止め!色んな意見があるよ

新入国禁止令が施行前にホノルル連邦地裁は差し止めの判断。またしても司法が阻んだ形で、トランプ大統領にダメージが。そしてみんなからも色んな意見がありますね。

更新日: 2017年04月05日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 49632 view
お気に入り追加

トランプ大統領就任時の政策、7カ国入国の停止。

「イスラム過激派の米国への入国を阻むため」として米国への移民・難民の審査の強化を命じる大統領令に署名した。

特定7カ国の国民の米国入国を90日間禁止する大統領令に署名した。イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7カ国だ。

トランプ米大統領の大統領令が即日適用され、各地で混乱が起きている。

しかし、連邦裁判所は不当の判断で差し止めに。

米連邦控訴裁判所は9日、特定7カ国からの入国を制限するドナルド・トランプ大統領による命令の執行停止を命じた一審判断を支持した。

判事は、渡航者の送還は合衆国憲法が保障する適正な手続きや平等な保護に反し、難民や米国ビザの保有者、大統領令で名指しされた対象7カ国の国民らに取り返しのつかない損害を与える恐れがあると判断。

裁判所を非難するtweetも大統領自ら発信した。

The opinion of this so-called judge, which essentially takes law-enforcement away from our country, is ridiculous and will be overturned!

法の執行をこの国から根本的に取り上げる、いわゆる裁判官のこの意見はばかげている。覆されるだろう!

そして、新たに6カ国入国禁令が…

アメリカのトランプ大統領は、効力が差し止められているイスラム圏7カ国からの入国禁止令に代わる、新たな大統領令に署名した。

新大統領令ではシリア、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンの6カ国への入国一時禁止

またしても、ホノルル連邦地裁で無効との判断。失敗か。

イスラム圏6カ国からの入国を原則禁止する新たな大統領令の施行を16日に控え、ホノルル連邦地裁は15日、執行差し止めを命じる仮処分を出した。

新たな入国禁止令が「憲法に違反する」などとして、アメリカ全土で一時執行停止にする仮処分の判断を示しました。

1月の入国禁止令の差し止めに続き、テロ対策に有効だとする行政の判断を司法が阻んだ形で、トランプ政権にとって打撃となる。

ハワイ州をはじめ7つの州が一時差し止めを求めて提訴していて、発効する16日を控えてストップが掛けられた。

裁判所は宗教的憎悪と判断。

ハワイ連邦地裁のデリック・ワトソン裁判官は15日に言い渡した判断の中で、トランプ大統領の過去の発言を引き合いに、大統領令の背後には「宗教的憎悪」があると指摘。

米西部ワシントン州政府は13日、イスラム圏6カ国からの入国を禁止する新たな大統領令について「家族関係、教育機関、経済や企業活動などに悪影響が出る」として、執行の差し止めを求めシアトル連邦地裁に提訴した。

これに対してトランプ大統領は批判した。

トランプ大統領は15日夜にテネシー州ナッシュビルで行った演説で、「悪い、悲しいニュースだ」と批判した。

トランプ大統領は仮処分命令を受け、「必要であれば、このひどい判断と最高裁まで争う」と表明した。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する