1. まとめトップ

『おみやさん』『十津川警部』渡瀬恒彦さん死去・・・突然の訃報に悲しみが広まっている

映画「仁義なき戦い」やドラマ「十津川警部」など硬軟多彩な役を演じた俳優の渡瀬恒彦さんが14日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。突然の訃報に悲しみの声が広がっているようです。

更新日: 2017年03月16日

0 お気に入り 7815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gpc___1さん

◆俳優の渡瀬恒彦さんが死去

【訃報】渡瀬恒彦さん死去…72歳、胆のうがんのため news.livedoor.com/article/detail… 『事件』『震える舌』『仁義なき戦い』シリーズなどの映画や、『十津川警部』『おみやさん』をはじめとする推理ドラマでも活躍した。 pic.twitter.com/WW8tUuuxUs

映画の「仁義なき戦い」やTVドラマ「十津川警部」などのシリーズで活躍した俳優の渡瀬恒彦さんが3月14日、胆のうがんのために死去した。

所属事務所によりますと、先月初めまでドラマの撮影に参加していましたが、その直後に肺気胸を発症して都内の病院に入院し、14日の午後11時18分に、家族が見守るなか、多臓器不全のため、亡くなったということです。

所属事務所は、「渡瀬恒彦のファンの方々、撮影をご一緒させていただいたキャスト・スタッフの皆様から並々ならぬご声援をいただき、最期まで幸せな俳優人生を全うできましたことを心より感謝申し上げます」とコメントしています。

◆2015年に胆のうがんが見つかった渡瀬さん

しかし16年秋、ライフワークの「十津川警部」を降板、体調が心配されていた。

2月19日の会見では「体調? 良くはないですね。現状維持という感じ。食欲は減りますね。一生懸命食べますけど」と話していた。

◆4月から「警視庁捜査一課9係」に出演予定だった

開始から今年で12年目。一回りの節目とあって渡瀬さんも気合十分だったが、残念ながら撮影に参加することはできなかった。

「警視庁捜査一課9係」は06年にスタート。渡瀬さんは“昼あんどん”とやゆされているが実は切れ者の係長役で、個性豊かな刑事たちが対立しながらもチームワークで難事件を解決していくストーリーで人気の作品だ。

◆兄は渡哲也

広告代理店に務めていたが、すでに兄が日活の青春スターとして人気を博していたこともあって、映画界入りを強く誘われ東映に。

2011年に放送されたTBSドラマ「帰郷」で40年ぶりの兄弟共演を果たしたが、会見で見せた丁々発止は強烈に兄弟仲の良さを印象づけた。

互いの印象を聞かれた渡は「身内なので非常に申し上げにくいのですが、弟は私をはるかに超えた俳優になったなと。野球のピッチャーに例えるのなら、私はボール気味のストレートしか投げられないのですが、弟の場合はフォークとかスライダーも投げられるうまい役者になった」と絶賛。

◆女優の大原麗子と結婚したが、離婚

昭和48年に女優の大原麗子さんと結婚しましたが、その後、離婚していました。

◆演技派俳優として活躍

78年の「赤穂城断絶」や「事件」でキネマ旬報等助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。さらに80年の「震える舌」でキネマ旬報主演男優賞受賞したことで演技派としての評価が高まった。

民放では伊東四朗さんとのコンビで約23年続いた「十津川警部」のほか、「おみやさん」「警視庁捜査一課9係」「世直し公務員ザ・公証人」「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼」など長期シリーズ作品での活躍が目立った。

◆芸能界からも悲しみのコメントが寄せられている

1 2