1. まとめトップ

髪を増やしたい!コスパ抜群!基本的な薄毛対策!

お金をかけずにできる薄毛対策を簡単にご紹介します。基本的なことですが、これがお金のかからない一番の近道だと思います。

更新日: 2017年03月16日

1 お気に入り 1776 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1.まず薄毛である自分を認める

鏡やカメラを使って自分の頭皮、頭髪を観察してみよう。はじめは抵抗を感じるかもしれませんが、潔く薄毛である自分を認めてそこからどう改善していくかを考えましょう。

1.1 頭皮の硬さをチェックする。

頭皮の厚さが薄いと硬く、厚いと弾力があり柔らかい。頭皮が硬いと頭皮の厚さが薄いので髪が深く根強く生えてきません。また浅く生えた状態のため非常に抜けやすい環境です。

植物で例えると、土深く根を張った植物は簡単には抜けませんよね。しかし、土が硬かったり浅かったりすると、深く根を張れず抜けやすく、弱弱しく成長してしまいす。

1.2 頭皮マッサージで硬くなった頭皮をほぐす

日中、生活していると仕事などで同じ姿勢で長時間いたり、ストレスにより体は強張ってしまいがちです。すると頭皮もあっという間に硬くなってしまいます。頭皮マッサージを常日ごろからお風呂のシャンプーのときにでもいいのでやりましょう。

1.3 頭皮の色をチェック

健康な頭皮の色は青白い色をしていると言われています。頭皮に異常がみられる場合、かゆみや赤みを帯びている場合が多いです。まずは鏡を使って頭皮の色を見ましょう。

1.4 頭皮を保湿しよう

顔だったり肌が乾燥しないためににみなさん、化粧水や乳液で保湿し対策されてると思います。肌が乾燥するとかゆみや赤み、肌に異常を伴います。頭皮も同じように乾燥はよくありません。頭皮を保湿してあげることで頭皮の環境はグッと良くなります。できればノンアルコールの化粧水をオススメします。

2 自分の生活リズムを見直そう。

髪の毛の健康は日ごろの生活リズムから治していきましょう。規則的な生活を心がけることは身体の健康から髪の健康につながります。

2.1 早寝早起き

まず、髪の成長に一番いいゴールデンタイムは22~02時と言われています。この間に寝ることが理想です。そして髪には睡眠時間が大切ですが、寝すぎても良くありません。6~7時間あたりにしておきましょう。

2.2 バランスのいい食事をとろう

髪に良い食べ物やサプリメントとネットで調べればたくさん出てきますが、結局のところ何を調べてもだいたい髪に良いとでてきます。カレーとかでもw。正直それさえとれば髪が生える食べ物はないと思っておいた方がいいと思います。あくまでサプリメントもサポート役です。それに頼るのはやめましょう。日頃から食事のバランスを考えてとり、足りない部分をサプリで補うのが理想です。

2.3 週一からでもいいので運動をしよう。

大学生や社会人になると運動不足になる人多いと思います。運動不足になると血液の循環が悪くなり栄養が回らず、一番最後に余った栄養が回る髪の毛に行き届きません。週一回からでもいいので、有酸素運動をしましょう。無理なく長く続けられることが大事です。

3. まとめ

とても当たり前なことを簡単に書いてきましたが、髪がすぐに生える方法なんてないです。

結局は規則正しい生活を送り、頭皮の環境を整え、自身の健康管理ができる人が1~3年以上続けて初めて髪が増えてきたと実感できるものです。

これだけやればいい!なんて極端にならず総合的に健康について見つめなおし改善していきましょう。髪が少ないと気持ちに余裕が無くなったり、人の視線を気になったり、焦りや不安になる気持ちもわかりかます。

しかし、焦ったところで髪は増えないです。時間がかかるものだと思って長い目で取り組みましょう。

よくネットで育毛剤やシャンプーで薄毛が改善された経過を比較した写真が載っていますが、うまく行った方は、必ずしもあれだけを忠実にやって成功したわけではありません。シャンプーや育毛剤も大事ですが、他にもできることはたくさんあることを知っていただければと思います。

自身の健康が増毛に繋がることを忘れないでください。

1