1. まとめトップ

現代版ロビンフッド…産油地帯"ニジェール・デルタ"に存在する貧困と戦う武装勢力【40枚+】

この地域には電気や水道また道路もありません。そして石油産業による汚染は非常に高く、水場で魚を釣ることも不可能です。人々の貧困の限界をはるかに超えており村人たちは石油産業からの報酬の一部を欲しがっています。

更新日: 2018年10月27日

2 お気に入り 1207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moratoriumさん

●ニジェール・デルタとは?

ニジェール・デルタはナイジェリア南西部に位置しギニア湾に面したニジェール川の三角州地帯である。マングローブを中心とする熱帯雨林で、古代から中世までベニン王国などの多くの民族が栄えたが、イギリスの植民地とされるとアブラヤシの栽培が盛んになりオイル・リバーズとも呼ばれるようになった。1885年から一帯はイギリスによるオイルリバーズ保護国、1893年からはニジェール海岸保護国に組み入れられた。

ニジェール・デルタの面積はナイジェリア政府の公式な定義では7万平方キロにおよびナイジェリア国土の7.5%を占め、アフリカ最大である。1996年以降の区分で含まれる州はアクワ・イボン州、アビア州、イモ州、エド州、オンド州、クロスリヴァー州、デルタ州、バイエルサ州、リヴァーズ州であり、人口は約2千万人で250以上の言語を話す40以上の民族が住む。先住民の主要な伝統的な産業は釣りと農業である。

1950年代後半に始まった油田開発以降ニジェール・デルタは産油地帯となり、ポートハーコートがその中心地である。ナイジェリアはアフリカ最大の石油産出国となり、生産量は日量200万バレルに上る。1975年以降この地域の石油収入はナイジェリアの輸出高の75%以上を占めるようになった。石油生産に伴った環境破壊と石油収入の配分の偏りなどが、地元の先住民などが不満を募らせる原因となっている。1998年10月17日には大規模なパイプラインの爆発があり、1200人以上が犠牲になった。これらにより多くの環境運動や民族紛争が生じている。

●ナイジェリア・ニジェールデルタの石油汚染は史上最悪規模、国連

国連環境計画(United Nations Environment Programme、UNEP)は4日に発表したナイジェリア最大の産油地帯ニジェール・デルタ(Niger Delta)に関する報告書のなかで、同地帯の一角を占めるオゴニランド(Ogoniland)を数十年にわたり荒廃させてきた石油汚染について、史上最大規模の除去作業が必要だとの認識を示した。

 さらにUNEPは、除去作業の費用として10億ドルを拠出するよう、石油産業とナイジェリア政府に求めた。

 報告書は、オゴニランドの石油汚染が及ぼす広範囲な影響について2年間、実施した科学的調査の結果をまとめたもので、同地域の再生には少なくとも30年かかると予想した。

報告書によると、オゴニでは少なくとも10の共同体で、飲み水が高濃度の炭化水素で汚染されていた。オゴニランド西部のある共同体の井戸は、世界保健機関(World Health Organization、WHO)の基準を900倍以上も上回る高い濃度のベンゼンで汚染されていたにも関わらず、人々はこの水を日常的に飲んでいた。

●貧困と戦う武装勢力

1 2