1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ビートたけしも大絶賛!…ハリウッド版「攻殻機動隊」が楽しみ!

士郎正宗さんの漫画「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(日本では4月7日公開)の来日記者会見が3月16日に都内で開催されました

更新日: 2017年03月17日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 62890 view
お気に入り追加

○アニメ『攻殻機動隊』シリーズの実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

世界的な人気を誇る漫画・アニメ『攻殻機動隊』シリーズの実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。

同作の舞台は、近未来。脳以外は全身義体の少佐が率いるエリート捜査組織・公安9課の活躍を描く。

士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ジョナサン・ハーマンとジェイミー・モスが脚本、ルパート・サンダースが監督を務める。

○実写版「攻殻機動隊」キャスト来日会見が開催

士郎正宗さんの漫画「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(日本では4月7日公開)の来日記者会見が3月16日に都内で開催

実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見が本日3月16日にザ・リッツ・カールトン東京にて行われた。

この映画は、日本初のSF漫画「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化。

○たけしは公安9課の指揮をとる荒巻大輔役で映画に出演

キャストのビートたけしが、スカーレット・ヨハンソン、ピルウ・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、監督のルパート・サンダースと共に登壇した。

エリート捜査組織とテロリストとの戦いを描いていて、たけしさんは、主人公・スカーレット・ヨハンソンさんの上司役を演じている。

たけしは、柔らかな口調で公安9課の指揮をとる荒巻大輔役。劇中では多くのせりふを日本語で話している。

○ビートたけしのコメントは…

たけしさんは、「大きなバジェット(予算)の本格的なハリウッド映画に初めて出られて、自分にとってもいい経験になった」とあいさつ。

「実写版はアニメやマンガに負けて文句を言われるのが定説。この作品は最初に成功した実写版の例じゃないかと思う。唯一の失敗は荒巻」と自分が演じる役を引き合いに出して会場の笑いを誘う。

「大きなスクリーンで観ていただければ、いかに迫力があってディテールまでこだわっているかよくわかります」と話した。

○主演を務めたスカーレット・ヨハンソンを称えた

荒巻を演じた感想についてたけしは「マンガで見た荒巻は汚ねえジジイだったんでどうしようかと思ってた。監督とメイクさんと相談してやや恥ずかしくない髪の毛にしてもらった」とコメント。

続けて「物忘れがひどいときにはカンペを持ってもらったんですけど、その相手がスカーレットだったという。歴史に残る快挙を上げたと思っています」と撮影時の裏話を明かした。

「役者という仕事をやるときにはどう振る舞うべきか、スカーレットさんによく教えていただいた。この人はプロ」と、主演を務めたスカーレット・ヨハンソンを称えた。

○このニュースはネットでも話題になっています

攻殻機動隊のハリウッド実写が楽しみ なによりたけしさんが荒巻役を演じるのが嬉しい

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう