1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

野球賭博からもうすぐ1年…高木京介の再契約報道に色々な声が出ている

ある球団幹部が暴露する。2016年3月9日、野球賭博に関与したことを自ら認め、NPBから一年間の失格処分を宣告、巨人を解雇された高木京介(27)。巨人広報は再契約の事実を認めました。

更新日: 2017年03月17日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 69829 view
お気に入り追加

○野球賭博への関与を認めた高木京介

2016年3月9日、野球賭博に関与したことを自ら認め、NPBから一年間の失格処分を宣告、巨人を解雇された高木京介(27)。

2016年3月8日、巨人は東京・大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、新たに投手の高木京介が野球賭博に関わっていた疑いがあることが新たに判明した。

○2015年に発覚した後、新たに賭博関与が発覚したのが高木だった

NPBの「協約」には、野球賭博に関与すれば厳しい処分が下ることが記されている、厳然たる禁止事項。

3選手は巨人を解雇、無期の失格処分となり、事実上の「永久追放」のような形となったわけだが、期間が定められていた高木はこれで球界に復帰できるという形にはなった

○昨年には1年間の失格処分に

日本野球機構(NPB)の調査委員会は22日、都内で野球賭博に関与した巨人高木京介投手(26)の処分について会見を行い、1年間の失格処分が相当とする見解を示した。

巨人の高木京介投手に対し、日本野球機構(NPB)の調査委員会は1年間の失格処分が相当とする見解を示した。

巨人に対しては制裁金500万円。熊崎勝彦コミッショナー(74)が調査委の処分案を受けて裁定を下す。

○巨人広報は再契約の事実を認めた

処分の解除日が3月22日と迫るなか、母校の國學院大學で自主練習中の高木に、再契約問題について直撃した。「今は何も話せません……」

それ以上は黙して語らず。そこで、巨人広報へ問い合わせると、以下のように再契約の事実を認めた。

「高木京介君が復帰を目指して自主練習をおこなっていることは当球団も承知しています。彼から復帰の申し出があった場合には高木君の希望を勘案し、日本プロフェッショナル野球協約の規定に従って手続きを進める所存です」

○「野球賭博→巨人再契約」報道は「最悪のモデルケース」!?

今回の野球賭博問題。やはり、巨人という花形球団で、数多くある誘惑を拒み続けるのは難しいようだ。

今回高木が復帰したとすれば「野球賭博をしても球界に復帰できる」というモデルケースを作ってしまうという事実に変わりはない。

○このニュースはネットでも話題になっています

仕事で野球しながら野球賭博もするってどんだけ野球好きなんだよ。。

でも面倒見が良いってイメージより 野球賭博やったやつ再雇用するんだ…ってダメな方のイメージが先行する気がするな笑

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。